宛メ本

思いやりなき言葉の呪い。「もっとたくさんのお友達と遊べるようになりましょうね」幼稚園の卒園式、大好きな先生から言われたひとこと。殴られたようなショックを受けた

カテゴリ
「もっとたくさんのお友達と遊べるようになりましょうね」

幼稚園の卒園式、大好きな先生から言われたひとこと。

殴られたようなショックを受けたこと、忘れられない。

なぜなら、私は友達が多いとか少ないなんてこと、考えたこともなかった。

そもそも大人が考えるような「友達」という概念なんて無かったし、

本人としては、「川の組」の誰とでも普通にしゃべったり遊んだり(つもり)していたし。


ただ、自由時間にみんなが園庭に出て同じ遊びに夢中になる時、

私は少しも興味が持てなくて、

電気を落とされた薄暗い教室の中で絵本を読む方が好きだった、というだけ。


なんだかみんなのように子供っぽいお遊戯にはしゃぐのが、

どこかバカバカしくもこそばゆくも不自然に感じられて、

あえての「子供のフリ」ができなくて、

能面のような顔で突っ立っていることも多かった。


先生たちは、というか大人たちは、そんな私を扱いかねて、

無理にでも輪に引き入れ、はしゃがせようとあの手この手で働きかけてきたけれど、

いう通りにならない私への大人たちの苛立ちや面倒臭そうな一瞬の表情に反応し、

いかに自分がダメな存在かを思い知らされ、

いつか見捨てられてしまうのではないかという恐怖、

みんなと同じようにできない苦しさ、

居心地の悪さを嫌というほど味わって、ますます固まっていた。



でも、そんなことはあっても、だからといって自分が周囲より劣るとか、

これではダメだとかなんて思いもしなかった。

それはそれなりに、人と比較することもなく幼稚園ライフを楽しんでいたつもりだったのだから。



なのに、大好きな先生から一人一人いただくお別れの言葉を

楽しみにワクワクしながら順番を待った挙句の一言が、

「もっとたくさんのお友達と遊べるようになりましょうね」。



ということは、先生は「この子には友達が少ない」と思っていた、ということ。

ある意味では、これまでの私の在り方が全否定されるような言葉だったこと、

幼かったたけれど理解力はたぶん、人一倍あって、

言われたことの逆にある意味を瞬時に理解し、

自分が取り立てて考えることもなかったごく「普通」が全否定されたことだけはスパン!とわかってしまった。


私は先生を大好きだったけれど、先生にとっては「友達のいない困った子」だったんだ、と

ものすごく悲しくなって、

そのあとの謝恩会、しょっぱい気持ちで過ごしたこと、忘れられない。



そしてその言葉は間違いなく呪縛になった。

いつも、ことさらに「一人になることは恥ずかしいこと」と意識してしまって、

どうしても自然に人の輪に入れない。

これはいけいことなんだ、ダメな人の証拠なんだと、

無理にでも人に話しかけ、でも浮いてしまい、息苦しくなり、

本当に辛かった。

友達はたくさんいなければいけないんだ、

そういう意識が常に働いていた。

本当に苦しかったよ。


でも、最近になって発達障害の特徴を知った。

まさに私の陥っていた状態が全て当てはまった。

答えがあった。

本当に発達障害かどうかはわからない。

でもかなり当てはまる。

だとしたら、あまりにも私、可哀想だった。



親にも「あんたみたいなひねくれた子はもう知らない」とか、

「あんたは内弁慶だ。なんだ、家の中では威張ってるのに

外に出たとたん借りてきた猫みたいになって。情けない」とか、

「あんたはへそ曲がりだから、おへそ曲がって付いてる」とか、

「あんたなんかそのうち友達が一人もいなくなるから!」とか、

「あんたは女の子として欠陥がある」とか、

明るく社交的な本家の従姉妹や

同い年の近所の子と比べられたりすることも多々。


それはもうひどいことをたくさん言われてきた。

そして、子供が全てを依存して生きている親の言葉だからこそ、

思ってもみなかった否定の言葉は絶対的な価値基準として激しい一撃となり、

傷となり、言葉は細胞に刻み込まれて、

呪縛となり続けてきた。


会社時代の上司に言わせると、

ほめられても何しても「すみません。私なんて全然ダメです」とか、

「私なんて」を連発していたという。

本人はまったく自覚がなく、無意識で口にしていたようだ。

それだけ自己肯定感の低さが当たり前のようになっていた、ということ。



自分はダメだから、自分から努力しなければ、

みんなに「ヘンな人」「孤立してる誰からも好かれない人」「変な人」と思われたくなくて、

いつも無理してボランティア的な立場に手を挙げたり、

リーダー的立場に立候補したり、

苦手な集団行動に参加したり、

そうしては翌日、激しい疲労で寝込む・・・を繰り返してきた。



人間関係は、私にとっては常に消耗の激しい、虚しいチャレンジだった。


なのに他人は、私を社交的な人、積極的な人と見ているようで、

時には関わるべきではない人間も近づいてくる。



人を利用することで生きているような人たち、サイコパスや妻子持ちの浮気狙い。


ある意味ではわかりやすい、自尊心の低い私。

そんな私は彼らのいい餌食。

いいように利用され、身も心も好き勝手に扱われ、彼らの都合に合致しなくなるとポイ。

私にだって非はあるけれど、いつだって私は彼らを疑いもせず受け入れてきた。

さすがに浮気相手にされそうになった時にはなんとか逃げたけど。


後になって、それぞれの人たちが、実はあちこちでトラブルを起こしている人間だと知ったけれど、

彼らのほうが集団社会に溶け込むことが上手だし、

時には周りから賞賛すらされて、本人は涼しい顔をして自信満々で、

そのことは彼らにとってはごく普通で、とりたてていうほどのこともなく、

ゆえに、集団の中で進んで優位な立場に立って、

人をコントロールすることに長けている。


彼らの陰の資質はともかく、

私はその集団社会に抵抗なく入っていくこと、

簡単に溶け込めて中心的存在になることがごく普通にできるという、

それだけで彼らを尊敬の気持ちで見つめてしまい、つまりは自分を必要以上に低く見て、

正しい判断を誤った。

その結果、利用されるだけされてボロボロ。



でも、痛い思いをして、ますます自分を知ることが深まったかもしれない。

「正常」なのは一体だれ?

本当に「普通」といえるのは一体だれ?

良い、悪いではなく、

集団生活が苦にならない「定型発達」と、

苦になりやすい「非定型発達」という括りがあることを最近やっと知った。

私は明らかに「定型発達」ではない、と納得ができた。


自分は明らかに、子供の頃、大人たちが言っていた「普通」とは違っている。

苦しみの理由は全て、彼らが要求する「普通」になろうと必死になり無理しすぎたから。

もう手放したい。

発達障害かどうかはわからない。

でも、少なくともグレーゾーンではあるかと思う。

誰に何を言われたからこうなった、というわけではなく、生まれつきの資質らしい。


けれど、周りの大人たちがもう少し子供の気持ちに立って

言葉を選んでくれていたなら、と思わずにはいられない。


頭からの否定はもちろん害にしかならないことは言うまでもなく、

その子の「今」を相対的に否定してしまうような、

「もっと●●になりましょうね」といった言葉もいらない。

それはその子の一生を左右する呪縛になりかねない。


その子の「今」がどんなであろうと、

100パーセントそれで良いのだと受け止めてくれる人に、子供は心を開くもの。

心をひらけば、その子は自分を信じてくれる大人の笑顔の中に、

自分の100パーセントの可能性を信じられるもの。

だからどうか、大人のエゴでもって「普通」を押し付けないでほしい。

その子の生涯の幸せを、本当に心から願うのなら。


今は大人になった私の中の、今も泣いている子供の私が心からそう願ってる。
123779通目の宛名のないメール
小瓶を44人が拾った  保存2人  お返事4通 
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
宛メのお知らせが届きます。フォローしてください

4通のお返事が届いています
キングテレサ
4通目のお返事
本当にその通りだと思います、例え大人のエゴでも「普通」を押し付けないで欲しいとは思いますよ、皆「普通の基準値」は違いますし、考え方も違うのです、人の生涯の幸せを願えるのなら、そういう「配慮」が出来て欲しいですよね。
3通目のお返事
読ませていただき、共感しました。
あなたのメールの内容を、ぜひ幼児教育の方達に読んでもらいたいと思いました。

世の中には、「子どもは普通こうなんだ。そうじゃない子は問題だ。」という、型にはまった見方がありますね。
それを押し付ければ、その子が傷つくこともあり、成長してもなお、辛い思いをさせることもあるのですね。
痛ましいことだと思います。

親や教師は、その子の個性を大切にしてほしいですね。
発達障害かグレーゾーンであっても、ありのままのあなたを認めてくれれば、一番よかった。
とはいえ、当時の親御さんや先生はまだ知識がなく、型通りの考え方しかできなかったのでしょう。
どう理解してよいか分からず、右往左往していたものの、全面否定の意図はなかったんじゃないでしょうか。

子どもの頃のあなたに、声をかけてあげてください。
「あんなこと楽しかったよね。こんなことがんばったよね。ムリしなくていいよ。自分らしくいれば、だいじょうぶ。これからは、わたしがあなたを守るからね。」とか。
何か、ご自身が安心できる言葉を考えてくださいね。
2通目のお返事
なんて言ったら良いんだろう
人間の言葉なんか覚えるんじゃなかったなあ

相手と自分の言葉の差異
なんて話しかけたらいいかわからず悩み怖くて誰も話せないよ

勇気だして少ない語彙ね日本語でガンバって話しかけても
どうせコイツは思いやりないと言われバカにされて悪人あつかいされるもん

いやだなあ
1通目のお返事
あなた自身に起きたこと、教えてくれてありがとう。
私も、そういったことをしないように気をつけるね。
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
宛メのお知らせが届きます。フォローしてください

宛メサポーター募集
小瓶主さんの他の小瓶
少し体調が上向いてきたから、溜まりに溜まった書類の山に手をつけはじめた。。いらないDMもたくさん。税金や支払いの領収書やら何やらも出てくる出てくる ぎっくり腰をやってしまった。疲れが溜まってた。数日前から腰の痛みが始まっていて、休みの日にギクッ!少し良くなって来ているけど、歩くとまだ痛みが走る
以下はまだお返事がない小瓶です。お返事をしてあげると小瓶主さんはとてもうれしいと思います。
あと半分以上も人生続くのか。なっげーな。早く終わんないかな 奏乃でーす。弟ウザイのにさぁ。嫌いなのにさっ。優しくしちゃうんだろう??質問付き(答えてね) 上司に、コミュニケーションなど上手くいかないことやケアレスミスが多いことを相談したけど、失敗はやっぱりあるしすることは変わらなかった 学校の先生に恋をした。学年1つ上の先生なので関わりがあまりなくて、喋ったことなんか片手で数えられるほど。来年は担任になって欲しいです 早く命を終わらせたい。なんでワクチン打ったんだろ。死ななくなっちゃったのかな。こんなに公的に死ねるウィルスに逆らってしまった ただ会話したいだけだった。…何故違う奴が怒る?何故お前は遅刻してきて逆ギレしてんだ?もう関わるな、俺達に関わるな 好きな人いる?って聞くクラスメイトが正直ストレス。いるっていうと絶対名前聞くまで引かないだろうしと思っていないって答えると絶対嘘ついてるとか言うし 複雑なことは全部やめた。単純にしていこう。削ぎ落としていこう。躁っぽいときに複雑化させて高度化させて、鬱のときにその複雑さを処理しきれなくなって押しつぶされる つらいことがあると腕を切っています。やっていけない、後でつらくなるのは自分だとわかっていますが、不安が募ると切ってしまいます 生理のせいかな。イライラして涙が出る。今も泣きそうになってる。イライラしてる自分にイライラして。泣いてる自分にイライラして。死にたい、消えたい 初投稿。未来が見えません。あと半年後には卒業して大学院か就職か何もしてないか、生きているかも分からない。人の話。 助かりたいって難しい。助けて欲しいなんて思ってしまうけど、何から助かりたいのか分からない。意外と原因は自分で蒔いた種で、刈り取り方を知らない自分が悪いわけで 世の中いろんな人がいる。働いていると、いろんな人を目にする。コロナ禍で、外に出ることに対して自粛すべきって風潮があるから、久しく目にしなかった やっぱり言っただけだったのかな…嬉しかった。2人で暮らす部屋探そっかって嬉しかった。でも今日会ってもそんな話一切なくてご飯食べていちゃついてそれで終わり 公務員になるの、諦めてもいいかもな。そもそもなりたいのか?なりたいものがある方が珍しい気もするけど。夢や目標があった方は

宛メサポーター募集
お知らせ
過去のお知らせ
宛メサポーター募集 厚生労働省 支援情報検索サイト 宛メで音楽 宛メのアドバイザー石渡ゆきこ弁護士 宛メのアドバイザーいのうえちかこ(心理士・カウンセラー) プロフィールアイコン募集 悩み相談ができる相談所を集めたサイト 小瓶に手紙を入れて流す
新着小瓶
もっと見る
PickUp小瓶
新着お返事
宛メについて
宛メのこころえ(利用者さんの言葉) お返事のこころえ(利用者さんの言葉) 宛メに参加している人たち(利用者さんの言葉) 宛メとの出会い(利用者さんの言葉) 初めての方 Q&Aヘルプ 宛メ、サポーター募集! 運営委員のご紹介 運営委員ブログ 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
twitter & facebook & instagram
フォローやいいね!すると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。
Follow Me