カテゴリ
名前のない小瓶
69900通目  13人拾った  お返事2

もう仕事に行きたくない。職場の人と関わりたくない。笑わなきゃいけないのに笑えない。頭も回らないしただのポンコツ・帰りたい行きたくない

・・・小瓶の中の手紙を読む
一番新しいお返事
この前そういう人がいて、私は退職をすすめました。
4月から新人を迎えるから人手は多いに越したことはない状況なのですが、それでも退職した方がいいと伝えました。
根本的に合わないんだろう、と思ったからです。

会社や部署によって独特の雰囲気というものがあります。
厳格かフランクか、
年功序列か実力優先か、
男性優位か女性優位か、
ベテランが多いか入れ変わりが激しいか、
短期の仕事が多いか長期的な取り組みが多いか、
他にもイビリが多いとかパリピなノリが濃いとか、いろいろ。

会社に行きたくない人の中には、パワハラセクハラいじめという明確な悪意にさらされている人だけじゃない。やりたかった仕事で上司も同僚も良い人でお給料とか通勤時間なども問題なし、でもひどく息苦しいって人もいます。
そういう人は会社のカラーに合っていない、精神的な居場所がないのだと思います。
私が退職をすすめた人はデキる人から仕事を与えるというやり方がそぐわなかったようで、優秀な同期がガンガン経験値を上げていくのに劣等感と自己嫌悪がひどくなってしまうというので、だったら平等にチャンスを与える会社の方が合っていると言いました。
本人がやる気が出る場所で頑張るのが一番です。

主さんがどちらかはわからないのですが、どちらにせよ一旦その場から離れた方がいいです。発言も単なる「私って駄目だな」て弱音を通り越して鬱っぽい感じもするし。その状態で我慢していても疲労ばかりで気力が戻らないし、ポンコツも改善しませんよ。
傷口はそっとしておけばいずれ塞がるけど、カサブタはがしていたらいつまでも治らないでしょう?最初より傷が広がってしまうことすらある。
小さい傷の内に直すのが大事です。心の傷も同じ。
名前のない小瓶
69816通目  12人拾った  お返事1

自分は鬱なんだ。病気だから仕方のない事なんだ。あれもこれも精神的な疾患なんだからできなくても仕方ないんだ。そんな言い訳が欲しいだ

・・・小瓶の中の手紙を読む
一番新しいお返事
烏羽
心の病気とは言われるがね。

正確には、体内時計だのの、自律神経系の失調から気分が優れない事や、神経系に腫瘍ができたりする事による情報の伝達異常、何らかの要因から、思考回路がどうやっても死にたい気持ちに向いてしまうような、物理的に身体の仕組みも関わる、場合によっては、気分だけでどうにかなる問題ではないのは確かだよ。

心と言われると、精神面として、身体の事と切り離されて考えられがちではあるが、そもそも精神というのも身体の一部なのだ。
精神的なストレスに身体が耐えられなかったり、精神に、ストレスの溜まった身体が追い付かなかったり、という事は割とあるものだよ。

それはどこの誰にでも、一要因としてある。
遺伝子でなるならないが決まるとか、そんな生ぬるい、対岸の火事に出来るような、壁のあるものでもない。

鬱というのは、人間が人間である以上、誰にでも起こりうる可能性がある、一つの病状だと思う。

また、そういった認識があまりにも知られておらず、自分が鬱ではないと思い、ひたむきに頑張り続ける真面目な人程、何故か発症率も高かったりする。

嘆かわしい事に、現代社会で、素直だとか、真面目だとか、優しいとか、しっかりしているとか、そう言われるような人ばかりがな。
(勿論、傾向であって、その限りではないが)

また逆に、自分が鬱だ鬱だとよく言いふらす人に限って、鬱じゃない事が多かったりとかな。
まあ、この場合、鬱ではなく別の、抑うつ症状や、躁、人間関係の大きなストレスを抱えていたり、他の病…、双極性障害や、適応障害とされるものを抱えていたりする場合もあるだろうがね。

寧ろ、不安であるなら診察して貰いに行った方が良いんじゃないかね。
最悪、神経系に関わる腫瘍が発見されるケースもあるし、もしそうでないとしても、自分自身が健康である、とされる水準にある事を確認できるかもしれない。

そもそも、病とされたり、精神的な疾患、障害とされるものは、医療において診療するための定義区分だろう。

そこに、定義も知らない一般人が、勝手な知識から、侮蔑や、差別的な意味を込めて使う事こそ、おかしな話だ。

もし小瓶主さんがそういった認識でご自身を見てらっしゃるなら、言葉はキツかったかもしれんが、捨ててしまえ。
そんなもん、あっても邪魔になるだけだ。
動点P
69622通目  38人拾った  お返事10 小瓶主

あなたのアドバイスが欲しいです!どうすれば人が会話中に出す雰囲気やニュアンスのようなものがわかるのですか?長文で乱文ですが

・・・小瓶の中の手紙を読む
一番新しいお返事
動点P
●7通目さん

時間も疲労感も忘れるくらい楽しかったのではなく、時間も疲労感も忘れるくらい自己嫌悪に陥ってしまい、自分のことしか考えられなくなっていたのです。

しかし、7通目さんのご指摘のように、僕にはハンドルとブレーキのないところがあります。

だから、自己嫌悪になってもブレーキがかからず、ずっと落ち込んでしまったのかもしれません。

確かに、7通目さんの言う通り、スベるとよく『処理しきれない(笑)』とよく言われます。

かなりめんどくさいタイプです。

さすがに、他の人に話を止められないにしろ、他人を振り回してしまう傾向はあります。

僕は自分が思う以上に自意識過剰だったのかもしれません。

思い返せば、完全にハンドルとブレーキないです。

7通目さんのおっしゃったことを実践し、他にもいろいろ自分で考えてやってみます。

あと、親友についてですが、異性なのに自殺のことから下ネタまで思ったことは遠慮なく話せる関係です。

書き忘れて申し訳ありませんでしたが、僕も親友も病みやすく、お互いの日常の辛いことをよく電話で話します。

数時間も話すこともあります。

なので、いつものことだと思って親友は聞いてくれたのだと思います。

今回が直接だったため、僕が勝手に違和感を感じだけかもしれません。

退屈で疲れたと言われたとき、沈黙がずっと続いていました。

僕は自己嫌悪でまわりが見えなくなっていてその場では親友を思いやる余裕がなくってましたが。

なので、親友はかなり譲歩してくれていたとは思いますが、諦めて付き合うではないと思います。

というか、親友については僕が振り回すのではなく、むしろ逆です。

僕が振り回されてます。

僕は男、親友は女なのですが、この前女性用下着店に連れ込まれました。

二人だけの秘密もあります。

つい最近、親友じゃなくてもはや双子の兄弟みたいだね。みたいなことを言っていました。

お互いに恋愛感情がないことは確認済みなので、お互いに親友だと思っていることに間違いないと思います。

7通目さんのご指摘のお陰で自分の弱さが1つまたわかりました。

本当にありがとうございます!




●皆さんから学んだこと

・会話の時は、自己主張を抑えて聞き役に回り、相手の表情(特に目)と仕草と言葉の間を意識して場数を踏むのがよい。

・察してほしいことは、まずは自分が言葉にして伝えるのがよい。

・社会的な暗黙のルールを身につけるのがよい。

人として足りていなかった部分を学ぶことができました。

小瓶を流して良かったです!

お返事をくださったみなさん、本当にありがとうございました!
なみだうさぎ
69368通目  124人拾った  お返事14 小瓶主

誰か僕を愛して。 僕だけを必要として、僕だけを見て。愛して愛して愛して愛して愛して愛して愛して愛して愛して愛して愛して愛して愛して

・・・小瓶の中の手紙を読む
一番新しいお返事
烏羽
お返事どうも。(↓長いです)

解釈次第といえばそうなんだが、俺はそれも、自分の理想というのか、自分の望んでいる事、理念を守りたいとして、行動し、自分の思いを守っているように感じる。

自立心…、自律心かね。そういった、人間が自分で立てる力を持つ以上、自分自身を守る(≒成り立たせようとする)心はあるんじゃないかな。

自分を守るというのも、何も、傷付ける傷付けないという話に関わらず、自分の意思や、見えているものを肯定したいかどうか、という事も含まれるのではないかと思っているのでね。

納得できんのなら、別に無理矢理納得しようとせんでええよ。

まあ、自分を肯定する事、成り立たせようとする事が高じて、過去の自分の成功やらに、しがみつこう、過去の成功が素晴らしいあまり、今の自分を現実的に見れていない、となってくれば、自己陶酔、ナルシシズムとなってくるかもしれんがね。

(精神分析学というのか、そういった業界において、もともとナルシシズムとは、自分自身を性愛の対象として見る事。そこから転じて、自己陶酔の意味も含まれて使われるようになったらしい)

ただ、その場合でも、自己愛、自己陶酔そのものが悪いという事はないと思う。
場合により、不安だったり、傷付きそうな心の内を自分で守ろうとしている事に繋がっていたりするので、そういう意味では良いものだろう。

あくまでも、自己愛の強さによって、例えば、根拠のない自信から、己のみが世界で偉い存在だと驕り高ぶって、目に付く誰かを手当たり次第に貶すとか、罵倒する事に繋がれば、それは困る事となるだろう?

持っている事自体が悪い事ではないし、そもそも形のおぼつかない愛を、認識しやすいよう言葉で区分けして、また何が都合が良いか、悪いか、良し悪しをつけているのは人間その一人一人だと思う。

今俺が返事を考えながら書いているように、「どれだけ相手の事を思って返事を書いている」と、自分自身が認識していたとしても、それはあくまで個人の主観。
限りなく客観性に近づけたとしても、自分を中心とした考え、ある種の自己中心…というか、自己主体的な思いにしかならないんじゃないかと。

強いて言うなら俺の場合、相手がこう思っている「かもしれない」という事を忘れて、己が思いに囚われ、事実を無視し続ければ、うぬぼれ、自己陶酔に繋がる可能性はあるだろうがね。
(俺は臆病なので常にビクビクしてもいる)

まあ、ここからの文は言葉尻を捉えたというか、的外れだったら構わないんだが…
もし、なみだうさぎさんが、自分への愛が強まる事で、自己陶酔に陥るのではないかと気にしているのであれば、その辺…。

自分にとって何が悪いのか、困るのかを気にして、それ相応なりに行動していれば、問題はないんじゃないかね。
(もう、懸念という行動をしているように思えもするが)

また、誰かと喧嘩した時に、憤りからその人を傷付けてしまうなんて事もあるだろう。
それも、自分を守る為の事で、愛があるとも言えるが、起こる時は仕方なく起こり得るものだ。

そこに心から気付けば、己を省みて、謝る気持ちというのも自然と湧き上がってくるものだと思う。
真心からの行動であればフォロー出来る場合も多い。

自分を愛しすぎる事そのものがナルシストへ繋がる訳では無いと思うんよ。

要は、それぞれの自分の内にある愛の上での、自分の身の守り方や、自分への向き合い方が、ナルシストと呼ばれる形になる事、または、人からそう見える事になっているだろうというだけでね。

例え、自己陶酔の傾向が強かろうと、それを自覚できる時点で謙虚を心がける事は出来るだろうし。
少なくとも俺はそう言った心がけをしている。(自信はない)

…因みに、俺の名前は「とば(鳥羽)」ではなく、「からすば(烏羽)」なので、紛らわしいかもしれんが気を付けてな。
自分も付けてから気付いたが、鳥羽というペンネームの方もいらっしゃった事があったので…。
次の20件を見る
1 3 4 5 6 7 14869

宛メのアドバイザーいのうえちかこ(心理士・カウンセラー) 悩み相談ができる相談所を集めたサイト 小瓶に手紙を入れて流す
お知らせ
過去のお知らせ
新着小瓶
もっと見る
PickUp小瓶
新着お返事
宛メについて
宛メのこころえ(利用者さんの言葉) お返事のこころえ(利用者さんの言葉) 宛メに参加している人たち(利用者さんの言葉) 宛メとの出会い(利用者さんの言葉) 初めての方 Q&Aヘルプ 宛メ、サポーター募集! 運営委員のご紹介 運営委員ブログ 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
twitter & facebook
フォローやいいね!すると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。
悩み相談ができる相談所を集めたサイト