毒親のことがすごく嫌で、なのにどんどん毒親に似ていく私のことがなによりも嫌です。母親には小さいときからストレス発散の道具として叩かれたり

カテゴリ
母親には小さいときから、ストレス発散の道具として、叩かれたり、罵倒され続け、高校に入る時には、自分でバイトして金を家に入れなければ、高校には行かさないと言われたので、入学前に探して、入学と同時にバイトを始めて、毎月3万程度母親に渡していました。

3年間その調子で、平日3日土日祝は全て出勤するため、週5,6程バイトをしており、放課後や休日にクラスの子と遊ぶなんて事は無く、見事に孤立したまま青春が終わりました。

父親は私が言うことを聞かなかったり、生活への不満などに文句を言えば、頭を叩かれますが、それ以外では殴ってくることは無いのですが、私が母親に殴られていることを知っていても何もせず、ただ仕事をして、お金を母親に渡すだけでした。

母親は無駄遣いばかりして、借金をつくり出すばっかりなのに。
そんなヤツにお金を渡しても、何の意味も無く、服も食事も道楽も母親だけは豪勢で、私は白米と具無しの袋のラーメンが食べれるときが贅沢な日で白米とお漬け物だけだったり、卵かけご飯だけ、酷いときはマヨネーズや、ソースなどを調味料を白米にかけて食べていました。
小学校低学年から皿洗い、お米の炊き方、ガスコンロの使い方を教えられ、そんな食事を高校まで続けました。
小中と給食があったので、給食では野菜もお肉も食べれるし、皆野菜のおかずは残すから、野菜をおかわりしまくって栄養をとっていました。
高校ではバイト先で、お金を払いご飯を食べてから帰っていたので、何とか身長も伸びたし、死ぬことはありませんでした。

バイトで毎月手取りが六万程で、母親に3万渡して、残りで、文房具、学校でのお弁当、自分の晩ごはん代、学校の維持費(毎月千円?くらい)等々出し、残った分でたまにひとりでカラオケに行ったり、中学からずっと読みたかった漫画を買ったりしていました。
夏休みなどは100時間以上バイトをしていたので、手取りも増えるのですが、母親に焼き肉を奢らされたり、誕生日や母の日には、一万程度の花を買わされるため、貯金ができるなんて事は無く、父親には、バイトをしているのに一円も貯まらんのか?と馬鹿にされるときもありました。

そんなこんなで高校を出てすぐに就職し、親に金を渡しながら生活し、そのまま部屋を借りて家を出て親とは電話などで連絡をとるだけにして快適に暮らしては居るのですが、1年と少しのあいだに2度大きな病気に罹り、手術で治ったものの、前ほど働くことができなくなり、パートにでています。

そんななかで初めて好きな人ができて、付き合えて、かつて無いほど幸せなはずで、でも私は人格も破綻していて、厄介な毒親持ちで、歳が若い事だけしか良いとこの無い不良物件で、そんな私が良い家庭で育った男性と付き合って良いはずが無いのに、なんて考えてしまいます。

成長するごとに言動があんなのにはなるまいと思った親に似てきていて、一般家庭の在り方なんか分からないし、子供との接し方も何もかもが分からなくて、結婚や妊娠には憧れもありますが、妊娠する事への恐怖心が酷く、そういった物を意識することでより自分の歪さを理解してしまい、どうすればいいのか分からなくなってしまいました。

子供の欲しい気持ちと恐いとか混ざってぐちゃぐちゃで幸せなのに苦しくて複雑です。
相手の男性は子供が好きな人で、そんな人に子供を持つという願いを叶えてあげられなくて、迷惑をかける私なんか必要ないし、いっその事私なんて死んでしまえればいいのに。

いつか安らかに眠るように死にたいです。
名前のない小瓶
75167通目の宛名のないメール
小瓶を19人が拾った  お返事0通 
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。

悩み相談ができる相談所を集めたサイト
お返事をしてあげてほしい小瓶たち
弱音を吐けない。昔から人に辛いというのが苦手だった家庭が機能不全になって、学校にも行く意味が見出せなくなって、荒れてグレることで自分が いつも私を助けてくれた人でも、私の相談に乗るせいで仕事が終わらない日が多かった。4か月前に私のほうから「もう私のことなんて心配 先生、大好きです。先生、私は貴方の事が大好きです。辛い時に相談を聞いてくれたこと。隠キャの私をたくさんいじってくれたこと。たくさん 今月末に死のうと思ってた。3月にそう決めて、やることリストアップした。なのに…今は資格取ろうとか…なぜかわからないけど、前向き 大好きな人。私が去年から好きだった人は、私のいつも隣にいる人がずっと好きなようです。それを知った先日、どうやって死のうかずっと 高校の時の担任から連絡来た。普通に好きな先生やし嬉しかった。忙しいやろうから返信遅いの気にしなかったのに謝られたのは不服。優しすぎ ねえ、なんでそこに居るだけで激しく拒絶され腫れ物扱いされなきゃならない?ただ学校行って勉強してるだけなのになんでいじめる必要ある いつも気づけば、親に言われた言葉や表情が記憶を蘇らせ、頭の中がいっぱいになってしまう。今、やっと人並みの幸せだから、もう二度と 死に顔に興奮する。少年漫画とかでキャラが死んでしまう展開ってありますよね?その死に顔や死ぬ寸前の顔に興奮します。自分でもこんなのが好き 病気のデパートな就活生が死にたい話。20卒の就活生です。去年の12月に肺の部分摘出手術を受けたばかりですが、痛みをこらえて毎日 誰かから返事が欲しいわけじゃない。「助けてほしい」と思ってる。でも、助ける方法なんてない。「もう頑張らなくていいよ」って言われたい 叶わない恋だけど心の中で想わせて…あなたから見れば沢山居る患者の中の1人しか思って無いけど、私はこんなにまで好きになるなんて 今日は会社の忘年会だった。飲み会の帰りはいつもの駐車場で待ち合わせ。コーヒー飲んでふたりでおしゃべり。いつも 自立と自活は違う、のはなし。心のラットレースというはなしもあり、これは、生きづらい人の中には該当している 楽しさに酔っている。気のいい後輩や友達との会話に酔っている自分がいる。まともに認めてもらえることに甘えている自分がいる

宛メのアドバイザー石渡ゆきこ弁護士 宛メのアドバイザーいのうえちかこ(心理士・カウンセラー) 悩み相談ができる相談所を集めたサイト 小瓶に手紙を入れて流す
お知らせ
過去のお知らせ
新着小瓶
もっと見る
PickUp小瓶
新着お返事
宛メについて
宛メのこころえ(利用者さんの言葉) お返事のこころえ(利用者さんの言葉) 宛メに参加している人たち(利用者さんの言葉) 宛メとの出会い(利用者さんの言葉) 初めての方 Q&Aヘルプ 宛メ、サポーター募集! 運営委員のご紹介 運営委員ブログ 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
twitter & facebook
フォローやいいね!すると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。
悩み相談ができる相談所を集めたサイト