長編の詩を作りました。長くなってしまったので、今回は前編だけにしました。今回の詩のテーマは「交錯」です。相手の将来を案じ、自らが

カテゴリ
ことわざ オススメの本 ギャル文字 コラム・エッセイ ゴーストライター ハガキ 交換日記 伏線 何年も日記を書き続けている 作家 写経 同人誌 和歌・俳句 天国への手紙 太宰治 好きな作家 宛名のある手紙 小文字が読みづらい 小説 小説の最終巻が読めない 小説を書いている 思い出せない本の名前 恋の詩 手紙 文字 文学 文章 文章を書くのが苦手 日本神話 日記 本の終わりが近づくと悲しくなる 本の貸し借り 本を読みたくない 漢字 物語 積ん読 自分に手紙を書いている 自己啓発本 詩・ポエム 読書 速読 面白かった本は何? 顔文字
長編の詩を作りました。
長くなってしまったので、
今回は前編だけにしました。

今回の詩のテーマは「交錯」です。
相手の将来を案じ、自らが身を引く
場面をイメージして作りました。

半分フィクションで、
半分ノンフィクションの
超大作です。

よかったら見て下さい。


(前編)
私には昔から仲の良い
友人がいた。

彼のことをK(くん)とする。

Kは私が出会ったときから
頭が良かった。

暗算力、記憶力が飛び抜けて
良くて、私はいつも憧れの
感情をKに抱いていたよ。

うん、今でもはっきり
覚えている。

おまけにスポーツ万能、
イケメンで才色兼備と
いう言葉が似合っていたよね。

対して私は頭が悪くて、
いつもKに勉強を教えて
もらっていたんだ。

中学校高校と同じ学校に
通い、Kも私も満足できる
学生生活を送っていた。

将来の夢は、医学の
道に進むことだと君が
よく言っていたのを
今でも思い出すよ。

高校3年生の夏、私は
相変わらず頭が悪くて
Kに勉強を教えて
もらっていたんだ。

そんなとき君は、ふと
紙上でシャーペンを
走らせるのをやめたね。

「どうしたの?」って私が
聞くと、君は「話があるんだ」って
言ってきたのを覚えている。

「何?」って私が聞いたら、
「実は…実は…」っていつもの
君らしくないなって思っていたら、
君はいきなり私をベットに
押し倒してきたんだっけ。

「出会ったときから、ずっと
あなたが好きでした。
付き合って…下さい。
お願い…しま…す。」」

すごくか細く弱々しい声で
震えながら言ってきたと
記憶している。

あんなに動揺した君を、
私は初めて見たよ。

私は、今まで何にも
動じることのなかった
君しか見てこなかったから。

私は、そのとき勉強が得意に
なりたいって思っていて、
恋愛を入れたらダメだと
考えていたからあなたの
告白を断ったんだ。

心苦しかった。
でも仕方がなかったんだ。
私には、好きな人がいたから。

その人のことを裏切りたく
なかったんだ。

その後、家に私は居づらく
なって家を飛び出した。

走って走って走り
続けたんだっけ。

涙が止まらなかった。

動く足を制する思いを
振り切って私は走り続けた。

気がついたら、私は街が
見渡せる小高い丘の
上に来ていた。

動き続ける街をしばらく
ボーッと眺め続けていたら、
Kへの気持ちも吹っ切れた。

背伸びをして、胸いっぱいに
青い空気を吸い込んで
私は帰路についた。

家に帰ると、Kがいない。

父に聞くと、私が出ていった後、
Kは涙ぐみながら足早に家を
出ていったらしい。

申し訳なかったけど、私がいると
Kの夢の実現を邪魔しそうな
気がして彼と一緒になるのを
やめたんだ。

私はバカだから、Kの邪魔をしかね
なかったんだ。仕方ないんだ。
Kの夢の為だったんだ。

その後、お互い何事もなかったかのように
過ごして受験の日がやってきたね。

これまでKに教えてもらった内容を
自信の源にして、思い切った気持ちで
受験に臨んだんだ。

(後編に続く・・・)

ここまで見ていただき、
本当にありがとうございました。
65457通目の宛名のないメール
小瓶を23人が拾った  お返事0通 
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。

悩み相談ができる相談所を集めたサイト
真面目系クズさんの他の小瓶
何をやってもうまくいかない。周囲に後ろ指を指されるのが今私が持つ唯一の才能だろうか。いや、違う。私が持つ多くの問題の氷山の一角だ 一生懸命何事にも取り組むのが、学生の仕事という。私も学生だ。でも何もない。何事も振るわない。何か成し遂げたって、何も将来には 詩「交錯」の後編です。よかったら見て下さい。(後編)緊張で、無意識に手が震えた。我に返り、問題を凝視した。受験も終わり

「詩・ポエム」カテゴリの他の小瓶

詩「交錯」の後編です。よかったら見て下さい。(後編)緊張で、無意識に手が震えた。我に返り、問題を凝視した。受験も終わり 詩を書きたくなったけど書けないんだよな・・・なんか黒歴史になりそうな詩?みたいなものを書いてみました。みなさんの反応次第で消す 同性の後輩へのメッセージ(歌詞風)一歩踏み出して 残酷な世界を見ても。それでもピュアな君のままでいてね 春眠、暁を覚えず 処処啼鳥を聞く 夜来風雨の声 花落つること知る多少 全然季節違うけど、すごく好きな詩 精神的石っころ この手に いくつもの思いを この心が 消えてしまっても 手に石を 鐘の響く夜は明けた。渡りゆく影達よ。映る世界は静かに揺れている。閉じてゆく空を見上げ、手を組んだ。雨が風にのって やさしいあめのまんなかで りょうてで ぐるっと 囲い込み あめを避けてくれたひと そんなの 頼んじゃいないのに 恋をするマーガレット そよそよと 五月に揺れながら ぼくの行き帰りに ハミング 雨の少ない今年は 時が起きはじめた。ついていけるだろうか。置いて行かれるだろうか。何もわからない。ただ一つ言えるのは 雲が浮かんでいる。空に 蒼い青いどこまでも続く 空に 真っ白な雲が浮かんでいる。雲は 風に流されながら 形を変え

宛メのアドバイザーいのうえちかこ(心理士・カウンセラー) 悩み相談ができる相談所を集めたサイト 小瓶に手紙を入れて流す
お知らせ
過去のお知らせ
新着小瓶
もっと見る
PickUp小瓶
新着お返事
宛メについて
宛メのこころえ(利用者さんの言葉) お返事のこころえ(利用者さんの言葉) 宛メに参加している人たち(利用者さんの言葉) 宛メとの出会い(利用者さんの言葉) 初めての方 Q&Aヘルプ 宛メ、サポーター募集! 運営委員のご紹介 運営委員ブログ 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
twitter & facebook
フォローやいいね!すると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。
悩み相談ができる相談所を集めたサイト