被害者叩きをするのは、公正世界仮説っていう心理に基づいてるんだって。自分が安全だと信じてるはずの世界でひどいことが

カテゴリ
お父さんがお母さんを殴る お父さんがお母さんを殺してしまいそう なぜ人を殺してはいけないのか? バチが当たればいい バレない殺害方法 レイプ・強姦 レイプ犯に再び会う可能性がある 不審者に絡まれる 不審車 不祥事をもみ消す 人を殺したい衝動 体罰について 信号無視 刑務所 労働基準法 友達から暴力をふるわれる 嘘の情報を流された 学校で財布を盗まれた 少年法はいらない 強制わいせつ罪 彼の父親にレイプされた 性犯罪は被害者も悪い 性犯罪者 性犯罪者は去勢 悪意ある噂を流された 支援詐欺 暴力 暴力から身を守る方法 暴力団 殺された 殺したい人がいる 殺人 殺人事件 殺人願望 母親の再婚相手からの性的虐待 犯罪が怖い 犯罪者 犯罪者あつかいをされた 男だけど痴漢された 痴漢された 痴漢されたい 痴漢冤罪 盗作 盗撮がバレた 知らない人にバカにされた 窃盗 自転車にぶつけられた 虐待死 被害者も悪い 被害者叩き 裁判所からの督促状 詐欺メール 誘拐 車に轢かれた 逆恨み 違法 違法薬物 集団リンチ 騙された
被害者叩きをするのは、公正世界仮説っていう心理に基づいてるんだって。

自分が安全だと信じてるはずの世界でひどいことが起こると、この世界を信じられなくなってしまうから、お互い悪かったと思うことで心理的なバランスをとって世界に対する不信感を感じないようにしたい。それで被害者まで叩いたりする。
いじめはされる側にも原因があるとか、努力すれば報われるとかも、この世界が公正であることを信じたいからそう思うんだそう。
そうすれば自分は前向きに希望を持って生きることができるから。悪いことをすればバチが当たる世の中であってほしいから。
でも実際はそんなことはない。悪いことをした本人はなんのお咎めもなく、被害者は延々苦しんだりすることだってある。因果応報なんてない。

平和ボケって言われるのもこういうことなんだろうな。実際に自分がどうしようもない理不尽の被害に遭ったときはじめて、あれ?私悪くないじゃんって気付くんだ。
この世界にそんな公正さなんてないよ。
名前のない小瓶
55240通目の宛名のないメール
小瓶を265人が拾った  お返事7通  小瓶主からの返事あり
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
ひと言でもお返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。

悩み相談ができる相談所を集めたサイト
7通のお返事が届いています
7通目のお返事
家庭環境だの容姿だの性格だの性別だの障害の有無。
はじめから公平ではありません。
あなたも含めひとりひとり違います。

悲しいですが、理不尽という言葉はなくなりません。
明らかに悪意があるのに法で裁かれない人や社会的制裁を受けない人などはいます。

すべてをどうにかすることはできませんが、あなたの様に優しい気持ちの持ち主は、まわりの方のお話を聞き気持ちを和らげることができるのではないでしょうか。

世の中を批判するより、人の気持ちを思いやる人が増えればいいですね。
私も頑張ります。
烏羽
6通目のお返事
一通目さんとはちょっと違う考えかとは思うけど、俺も加害者にも被害者にも非がある、場合はある、と思います。

いじめの加害者となった子がいじめの標的になる、というケースも無いわけではないので。

どちらに非があるか、というのは、「何に非があるか」「何を悪いとするのか」という価値観に基づくだろうなので、立場による視点、各々が持つ価値観によって変わってくるかと思います。
なので、正確には、誰かが、悪い、非がある、と思ってしまう要素を、誰もが持っている可能性があるのではないかと考えています。

小瓶主さんの仰るよう、様々な価値観の尺度から、まったく非がないと思われるにも関わらず、いじめの標的にされてしまうケースもあるかと思います。

また、場合によっては小瓶の内容のように、公正であると信じたい、自分の価値観を守ろうとする事で、半ば衝動的に被害者側に非を被せてしまい、最悪それがいじめの発端となる事もあるかと思われます。

自分によく経験があるのですが、なんかしらショックな事だったり、ムカつくような事だったりを感じると、凄く保守的になりやすいんですよね。
なんていうのか、恥ずかしながら、本能的に、それこそ客観性のようなものを自動的に排除して、自分の都合のいいように筋道を立ててしまって、後々よく思い返してみると、なんでこんな事を言ってしまっていたんだろうとか、思っていたんだろうという事が結構ありまして。

そういう面もあり、人との差異を感じたり、違う事への理解が及ばない場合に、それを感じた当人が、意図せず誤解を招いたり、あるいは軽い気持ちで貶す等により人を傷付けてしまう行動に移る事もあるのではないか、と。

多分、個人の違いもあるでしょうからなんとも言い難いですが、これに似たような事が小瓶の内容のような事態を起こしてしまうのかな、と思いました。

あと、NNNなどのドキュメンタリー番組を見て、色々思う事があったのですが、いじめを受けて苦しんでいる方の悩みとして、「自分にも非があったのではないか」という思いの、葛藤があるようでした。
あくまで個人の偏ったものではありますが、自分の経験から鑑みるに、これは「自分の責任はどこからどこまでを問えるのか」という価値観の違いからくるものなのかもしれません。

また、思い返せば多くの事柄が出ても来ますが、ああしていればこうはならなかったんじゃないか、こうしていれば避けられた状況だったんじゃないか、との考えが、いつのまにか自分を責め立てているような事もありました。

これももしかすると、方向は違っても、ある種の公正世界仮説の心理と似たものなのではないかと、個人的には感じます。
そのため、「公正」という宗教やそれに基づく法律の在り方などが、必ずしも関わっているものではないんじゃないかと思ったりもしました。

もともとは、多分、不公平な世の中だからこそ、公平であって欲しいと誰かが願い、その公平に基づき、公正さ、というものが生まれてきたものかと推測します。

安全とは何か、というと、国が守ってくれている、条件付きで保障してくれているものも含まれるかとは思いますが、その国の保障を担っているのはご存知の通り一人一人の人間であり、また社会の中の一人一人が平和でありたい、安全を守ろう、という意思によってなりたっていると思われます。

しかし、また、安全という価値観は自分達の中に、他者の中にもあるものでもありますから、それらが両立し、調和するとはどういう事なのかを改めて考えてみたいな、と思いました。
5通目のお返事
小瓶主
いえ、だから言いたいことは伝わっています。それでも私はあなたと違う考え方を取りますよ。
自分がちゃんとしていればいじめられることはない って考え方こそが過剰な自己責任論であり、この小瓶で言っているような公正世界仮説を信じている人の考え方だと思いますよ。
あなたがそう考えて、自分を律する分にはいい心がけかと思います。でもどうか、もしあなたが傷付いた被害者と出会ったときに「お前も悪い」と共感を欠いたようなことは言わないであげてくださいね。解釈は受け手次第、と最初から自分の言動の善し悪しを相手に投げて好き勝手言うのは、相手のためを装った自己満足に過ぎませんから…。
そう思ってこの小瓶を流した次第です。
4通目のお返事
一通目の者です。
意味づけを書き換えるのに年は関係あり
ません。
自分はどうなりたいか、自分は何を学ん
だか、が重要なんです。
不可抗力な部分は僕としては周囲に流さ
れて生きている証拠であり、自己責任を
放棄した生き方と考えています。
なんだ根性論かと思われるかも知るませ
んが、出来事の意味づけをきちんとして
いけば、周囲を肯定ではなく迎合してそ
の責任を周囲のせいにする手回しをして
いると取れるからです。
だからといって、いじめっ子を肯定はし
ません。
自分のいにそぐわないからと、自分勝手
に標的を定めて周囲を巻き込んでイジメ
をするからです。
自分の生活に刺激がないのは周囲のせい
にして、自分の積年の在処を周囲になす
りつけるからです。
短い文章なので、強引ですが、僕として
自分を生きていない責任を周囲や環境の
せいだってしているのは同じだといいた
かったのです。
拙文失礼しました。
3通目のお返事
だよね
その人は悪くなくたって誰かがあいつ気に入らないって言うだけでいじめはあるし。

既にこの世界はおかしいのが普通っていうのに世界だけは自分を裏切らない、みたいな思想になってる人の方が可哀想
2通目のお返事
小瓶主
うーん?言いたいことはわかりました。でもいじめに関してはどっちも悪い、ってことはないと思います。悪いのは圧倒的に手を出した方ではないですか?いじめなきゃいじめられる人は生まれないわけですし。落ち度があるからいじめられても仕方ないってもんじゃないでしょう。そもそも落ち度に関係なくいじめっ子の標的は誰でもいいわけで。殴られ物を隠され死ね死ね言われて、うんうんしょうがない、ってなりますかね。子供なら思考を変える以前に傷付いて終わりでしょう。
まあ大人になってから解釈を変えることはできますが…ってことを1通目さんは伝えたかったんですよね、たぶん。でも不可抗力で傷付けられて、傷口が塞ぎ切らないうちにお前も悪いなんて言われても、うるせー!他人事だな!としか思えないですよ。そういう過剰な自己責任社会が嫌だなと思っただけです。
1通目のお返事
異論を展開します。
いじめられっ子は最初の段階が
不可抗力であり、意味づけや
言葉遣いを間違えるから、自分
の思ったとおりにいじめられる
だけなので、いじめを放置した
被害者もいじめっ子に恐喝罪や
脅迫罪、加害致傷や致死を押し
つける加害者です。
いじめられっ子でもね、自分の
落ち度気付いて意味を書き換え、
言葉遣いを、態度をきちんとし
ていれば、いじめは終わるんですよ。
虐められると思い込むから落ち込んで、
落ち込むから面白がられて的にされる
んです。
意味の書き換えや態度、言葉遣いを
いじめられっ子出ないものにするには
そりゃあ勇気が必要かもしれない。
それを乗り越えてこそ、人生が拓ける
のなら、人生を他人任せにしたまま、
自分を無価値だって決めつける当人にも
落ち度があります。
格好いい大人を見るんだよ。
背中で語るオッサンオボサンたちをさ。
自分の人生に責任を持たずに、
こうなったのは周囲や環境のせいだって
責任転嫁してたらキリがないし、人生が
おちぶれていくばかり。
だったら自分で自分を生きていく限り、
人生に責任を持てるから自然と格好いい
オッサンオバサンになるんだよ。
他人は引き出しを開けるだけ。
引き出しから何かを取り出すのは
自分自身。
格好いい大人を見るんだよ。俺も
なるぜと勇気をたすんだよ。
怖いものや不安は決してなくなら
ないけれど乗り越えていくたびに
生ける道しるべになるんだ。
最高の人生じゃない?
責任転嫁はダメ。
これはきほんです。
今を生きようぜ!
自分を生きようぜ!
今ここ一所懸命はカッコ悪く感じら
れるけど格好いいんだ。
おつき開き下さり有難うございます。
乱文失礼しました。
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
ひと言でもお返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
同じカテゴリの小瓶
痴漢された。塾の帰り道。人気のないところで。警察も役に立たない。何があっても被害者が責められる 性犯罪/女が被害者の犯罪の話になるとすぐに被害者が悪いという人がほんとに許せなさすぎる。そういうひとは加害者と 性犯罪で「被害者も悪いだろ!!」ってなる人間はめちゃくちゃ頭おかしいと思う。昔から性犯罪にあいつづけて
性犯罪/女が被害者の犯罪の話になるとすぐに被害者が悪いという人がほんとに許せなさすぎる。そういうひとは加害者と 性犯罪で「被害者も悪いだろ!!」ってなる人間はめちゃくちゃ頭おかしいと思う。昔から性犯罪にあいつづけて 性犯罪は被害者には1ミクロンも責められるべき点はないから!露出度高めの服を着ていたとか電車に乗っていた 性的嫌がらせを受けている被害者に対して「気にするな」「構うな」「無視しとけ」などと言うのは二次加害です 一般人が人殺しを殺すのも犯罪。死刑執行人が人殺しを殺しても罪にはならない。何を以って「正しい」殺人とするのか
私が大好きだったスケート選手が襲われた。私が代われたらいいのになぁ 新幹線の殺傷事件。犠牲になってしまった人は気の毒だと思うけど、逃げて生き延びた人を責めるのは見当違いのような 私は今気になる人がいます。つい最近まで普通の友達程度の関係だったのですが、ちょっと怖い事件に巻き込まれました 新潟の事件見て、昔のことを思い出しちゃった。幼稚園の頃、幼馴染の引きこもりの叔父に追いかけられたんだ 某アイドルグループの不祥事ですが発覚するタイミングが良すぎませんか。政治家の不祥事を芸能界の不祥事でもみ消そう 山口達也さんの強制わいせつ事件ですが、私は全面的に山口のとった行動が悪いと思います。しかし、Twitter等を 少年法はいらない。リトルリーグの始球式にて稲村亜美さんに中学生球児約3000~4000人が押し寄せた事件 事件や事故に巻き込まれた人のニュースを見ると、「私が代わりにそこにいればよかった」と考えてしまいます 世の中がおかしくなってる気がする。気づかなかっただけかもしれないけど。ずっと社会はこんなんだったのかな
物語には伏線がある。その文章なしでは物語が成り立たない。それが伏線だ。人間も伏線と同じではないだろうか 屑共が蔓延び、真面目な人達が死んでいく世界。腐ってると思う この世の中は生きづらいの 真面目にやっててなんでバカみないといけないんだろう。ふざけてるやつは楽しそうで、真面目にやってる人は傷ついて 女性が人前で鼻をかむことはマナー違反ですか?友達がみっともないと話していて驚きました。私は考えたことも 世界って言葉が引っかかる。この間、自分の部屋の外は即、宇宙で、「世界」があることを知らずに育った男の子の映画を見た 自分がマイノリティだと意識することで辛く感じる人が減るような環境をつくりたい。こういう考え方は間違って 社会を全く意識、認識してない奴が社会を良くする活動する・・・斬新すぎるだろ(笑)むっちゃくちゃ楽しみだなぁ 書きたいことがあってつらつら書いてたけど、批判されることが怖くてやめちゃった。犯罪ではないけど最近よく社会問題 ゲーム、漫画や小説などに「ギルド」という組織がありますよね。これを現実でも運用すれば少なからず生活しやすくなる

宛メのアドバイザーいのうえちかこ(心理士・カウンセラー) 小瓶に手紙を入れて流す
お知らせ
過去のお知らせ
新着小瓶
もっと見る
PickUp小瓶
新着お返事
宛メについて
宛メのこころえ(利用者さんの言葉) お返事のこころえ(利用者さんの言葉) 宛メに参加している人たち(利用者さんの言葉) 宛メとの出会い(利用者さんの言葉) 初めての方 Q&Aヘルプ 宛メ、サポーター募集! 運営委員のご紹介 運営委員ブログ 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
twitter & facebook
フォローやいいね!すると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。
悩み相談ができる相談所を集めたサイト