宛メ本 SNSを通じたサイバー犯罪に関する青少年の意識調査

不思議と勉強出来てしまう自分にびっくり 宛メの魔法の力…

カテゴリ
勉強してると1時間おきに宛メがくる。

宛メ読みを兼ねて少し休憩。
そしてまた次の配信を待ちつつ勉強。

普段そんなにやらない方なのに
不思議と勉強出来てしまう自分にびっくり。
宛メに魔法の力があるみたいっ(*^_^*)

宛メってやっぱりいいなぁって思った
日曜日の午後。

以上、呟きでした♪見てくれてありがとうございまーす♪(笑)
名前のない小瓶
4481通目の宛名のないメール
小瓶を372人が拾った  保存0人  お返事2通 
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
宛メのお知らせが届きます。フォローしてください

悩み相談ができる相談所を集めたサイト
2通のお返事が届いています
2通目のお返事
宛メってすごいですね。
わたしも今勉強しながら、返メ書いてます。
1通目のお返事
宛メにそんな効果が(笑


by ろみひ~
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
宛メのお知らせが届きます。フォローしてください

宛メサポーター募集
以下はまだお返事がない小瓶です。お返事をしてあげると小瓶主さんはとてもうれしいと思います。
とてつもない寂しがりやの自分に嫌気がさす。もっと自分を保てたらいいのにってずっと思う。かといって毎週会いたいかと聞かれたら、会いたいけど自分の時間も欲しいから ここ数年、笑ってる回数より涙を流している回数が圧倒的に多い。辛い。なんで幸せになれないのかな?こんな気持ちで過ごしているから? もーだめだ。受験嫌や。なんか受かれへんだらどうしよう、落ちたら怖いなとかゆう理由じゃなくて単純に受験会場まで行くのが嫌や。なんで嫌なんやろ 私は母が嫌いかもしれない。とはいえ父も心の底から好きかと言われると難しい。自分たちの都合で好き勝手して、私達は振り回されて来たんだから 心臓は動いているから医学的には生きているという事になるんだろうけど、ハートはもうとっくに死んでいてゾンビのようなものだと思っている 自殺の予防は可能か?いつの時代でも自死を択ぶ方は存在する。それが顕著になるのは、社会基盤の根本が揺らいでいる時だと、私は考える 客観的に見たら整ってない方なんだけど、私は自分の顔が1番が可愛いと思ってる。片二重の非対称な目も、団子鼻も全部好き。思い込みでも自信もった方が楽しいし ねぇなんで君たちは僕をイジルの?僕がいつも笑って流してるから?僕だって傷つくんだよ。悲しい、苦しい、嫌だって気持ちあるんだよ。言わないから伝わらないよね 引きこもりから社会復帰するために、相談や通所できるような場所はありますか? 閲覧注意。毒吐きというかトラウマ吐きです。過去の話とか辛かったこととか、思いつくままに書きました。愛されるってさ、わかんないよね バカだと思ってる。思ってるけど好きなんだ。大好きなんだ。優しくされるたびにきっといつかは将来のこととか考えてくれるはずだって思ってしまう 人間の醜いところを目の当たりにする度に早く死ぬのが楽しみになるし、生への未練がどんどんなくなるからその点だけ、感謝してるぜ、人間 私のことをあなたがなんとも思っていないこと、そんなこと、とっくの昔に知っているけど、あなたのその大きくて温かい手がとても苦しくて、愛おしいの 消える魔法をください。死にたいって、「死にたい」そう、言葉で言うとそういうことになる。でも、死にたいわけじゃない。生きなくないだけ こんなにも毎日が無駄。支える側は、いつも聞くしかしちゃいけないのか?何か言うにしても、めちゃくちゃ気を使って、言葉を選んでしないといけないのか?

宛メサポーター募集
お知らせ
過去のお知らせ
宛メサポーター募集 厚生労働省 支援情報検索サイト 宛メで音楽 宛メのアドバイザー石渡ゆきこ弁護士 宛メのアドバイザーいのうえちかこ(心理士・カウンセラー) プロフィールアイコン募集 悩み相談ができる相談所を集めたサイト 小瓶に手紙を入れて流す
新着小瓶
もっと見る
PickUp小瓶
新着お返事
宛メについて
宛メのこころえ(利用者さんの言葉) お返事のこころえ(利用者さんの言葉) 宛メに参加している人たち(利用者さんの言葉) 宛メとの出会い(利用者さんの言葉) 初めての方 Q&Aヘルプ 宛メ、サポーター募集! 運営委員のご紹介 運営委員ブログ 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
twitter & facebook & instagram
フォローやいいね!すると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。
Follow Me