ニューヨーカー、それは入浴する人。あのこがそれを だいじといわなくても ぼくたちはたのしい 夢中

カテゴリ
ことわざ オススメの本 ギャル文字 コラム・エッセイ ゴーストライター ハガキ 交換日記 伏線 何年も日記を書き続けている 作家 写経 同人誌 和歌・俳句 天国への手紙 太宰治 好きな作家 宛名のある手紙 小文字が読みづらい 小説 小説の最終巻が読めない 小説を書いている 思い出せない本の名前 恋の詩 手紙 文字 文学 文章 文章を書くのが苦手 日本神話 日記 本の終わりが近づくと悲しくなる 本の貸し借り 本を読みたくない 漢字 物語 積ん読 自分に手紙を書いている 自己啓発本 詩・ポエム 読書 速読 面白かった本は何? 顔文字
あのこがそれを
だいじといわなくても

ぼくたちはたのしい
夢中

そこになまえなんかない

ボールに見えたのは
もしかしたら
在りし日の時間

記憶

細い二本の線路の上で
今日も行き先を迷う

ぼくは電車じゃないから
平均台の上を歩くみたいに
路肩のブロックの上を歩くみたいに

ソフト帽の似合うおとななのに

おっとっと、と
そろそろ進む

名札がないと不安というなら
それを真珠と名づけましょう

それはいつも
どの航海のなかにいても
もぐってくぐって
かきわけて

生きているぼくの存在自体が生き証人

あの滴るような月にも負けないほど
深い陰りも持った玉になった

なきごとも知っている
虹の橋の心地よさも知っている
甘い綿菓子の時間も知っている

心地のよい
わたがしの時間

3時は過ぎて
夕べの匂い

ぐつぐつ
暮れ六つ時に広がります

やがて貝のベッドで眠る時間

ねむりはお肌を磨きます
ねむりは今日の日を
適切な場所に誘います

朝が来ます

誰かに撫でられる心地よさ
まぶたの裏にそっと置き

真珠はきりりと自ら光る

誰になぐさめられなくとも
誰になだめられなくとも

誰かの手を借りて
磨かれなくとも


真珠は自らの輝きを放つ

きりりと前を向いて

うつむく日があっても

進行方向はかわらず。

在るから
輝く

心配ご無用。
44312通目の宛名のないメール
小瓶を632人が拾った  お返事0通 
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。

悩み相談ができる相談所を集めたサイト
まりちゃんさんの他の小瓶
かまってちゃん、全スルー!やればできる、なんてことはない。わたしをみて〜〜かまって〜反応して〜だからあなたに声をかけたの〜って さみしいと、しても自分の寂しさは自分で引き受けるさ。だって、それ一体誰から湧き出た寂しさなんだい?そんなこと、わかりきった上で 個人的にあやまる成人の日。あの人が〜〜この人が〜〜やだったなぁ。理解ができなかったーーなんで、そういうの選ぶの?なんで、そういう

「詩・ポエム」カテゴリの他の小瓶

「ぬるま湯わーるど」(1)つらいつらい こわいこわい ぬるま湯の世界 ゆるいゆるい だるいだるい ぼんやり世界 楽で楽で 嫌気がさし (1)あの日の僕 もうセピア色教室の中、君 響く笑い声君と目が合う 教室の隅何時もの幸せ 君がいたこと薄い恋の空 最後のピンク色 詩「交錯」の後編です。よかったら見て下さい。(後編)緊張で、無意識に手が震えた。我に返り、問題を凝視した。受験も終わり 長編の詩を作りました。長くなってしまったので、今回は前編だけにしました。今回の詩のテーマは「交錯」です。相手の将来を案じ、自らが 詩を書きたくなったけど書けないんだよな・・・なんか黒歴史になりそうな詩?みたいなものを書いてみました。みなさんの反応次第で消す 同性の後輩へのメッセージ(歌詞風)一歩踏み出して 残酷な世界を見ても。それでもピュアな君のままでいてね 春眠、暁を覚えず 処処啼鳥を聞く 夜来風雨の声 花落つること知る多少 全然季節違うけど、すごく好きな詩 精神的石っころ この手に いくつもの思いを この心が 消えてしまっても 手に石を 鐘の響く夜は明けた。渡りゆく影達よ。映る世界は静かに揺れている。閉じてゆく空を見上げ、手を組んだ。雨が風にのって やさしいあめのまんなかで りょうてで ぐるっと 囲い込み あめを避けてくれたひと そんなの 頼んじゃいないのに

「コラム・エッセイ」カテゴリの他の小瓶

あついですね〜〜〜なんとなく、レアチーズケーキ食べたくなって(がっつり!)さっぱり系にしようと思って 人生は続いている。ある日突然切れてしまうのだとしても今はまだ続いている。この前の休みの話をしたい。一人旅で やあ 元気か?あっついねーこんな時期はギンギラギンにさりげなく生きたいね。ん?ギラギラとか言うと余計暑くなる? 鐘の響く夜は明けた。渡りゆく影達よ。映る世界は静かに揺れている。閉じてゆく空を見上げ、手を組んだ。雨が風にのって 深海に、沈みたいなぁ。ボチャンって落ちてだんだん沈みたい。ゆっくりゆらゆら浮かびたい。自分は力を出さないから浮力 どこかの誰かに向かって話します。今日は二つも話したいことがある。まず一個目。明日ね、昼休みニーソンとお話しする かわいいは似合わない。月曜日は嫌い。女の子が怖い。お部屋から出たくない。ぐずぐず泣いたら頭を撫でてくれた 恋をするマーガレット そよそよと 五月に揺れながら ぼくの行き帰りに ハミング 雨の少ない今年は 世界は回る。彼女の口から飛び出した「愛してる」それを僕は翼に変えて空を飛ぶ。僕は空を飛ぶ。一人では飛べなかった ずっと一緒にいたら、どちらがどちらかわからなくなるほど二人はマーブル状になる。液状化する。共通言語はイエスだけ

宛メのアドバイザー石渡ゆきこ弁護士 宛メのアドバイザーいのうえちかこ(心理士・カウンセラー) 悩み相談ができる相談所を集めたサイト 小瓶に手紙を入れて流す
お知らせ
過去のお知らせ
新着小瓶
もっと見る
PickUp小瓶
新着お返事
宛メについて
宛メのこころえ(利用者さんの言葉) お返事のこころえ(利用者さんの言葉) 宛メに参加している人たち(利用者さんの言葉) 宛メとの出会い(利用者さんの言葉) 初めての方 Q&Aヘルプ 宛メ、サポーター募集! 運営委員のご紹介 運営委員ブログ 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
twitter & facebook
フォローやいいね!すると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。
悩み相談ができる相談所を集めたサイト