やさしいあめのまんなかで りょうてで ぐるっと 囲い込み あめを避けてくれたひと そんなの 頼んじゃいないのに

カテゴリ
ことわざ オススメの本 ギャル文字 コラム・エッセイ ゴーストライター ハガキ 交換日記 伏線 何年も日記を書き続けている 作家 写経 同人誌 和歌・俳句 天国への手紙 太宰治 好きな作家 宛名のある手紙 小文字が読みづらい 小説 小説の最終巻が読めない 小説を書いている 思い出せない本の名前 恋の詩 手紙 文字 文学 文章 文章を書くのが苦手 日本神話 日記 本の終わりが近づくと悲しくなる 本の貸し借り 本を読みたくない 漢字 物語 積ん読 自分に手紙を書いている 自己啓発本 詩・ポエム 読書 速読 面白かった本は何? 顔文字
やさしいあめのまんなかで
りょうてで
ぐるっと
囲い込み

あめを避けてくれたひと

そんなの
頼んじゃいないのに

できることをかんがえて
そんなことしか
浮かばなかったと

はにかんだ
そのひとはいう

てるてるぼうずの効果の弱さが
今日に限って
ありがたい

おもいやりの根っこには

あいが
お宝みたいにざっくざく

ハンカチをどうぞ

おなじように
つたないものしか
取り出せなくて

わたしたちは
二度と見れない
今日の夏にいた
名前のない小瓶
55720通目の宛名のないメール
小瓶を102人が拾った  お返事0通 
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。

悩み相談ができる相談所を集めたサイト

「詩・ポエム」カテゴリの他の小瓶

詩「交錯」の後編です。よかったら見て下さい。(後編)緊張で、無意識に手が震えた。我に返り、問題を凝視した。受験も終わり 長編の詩を作りました。長くなってしまったので、今回は前編だけにしました。今回の詩のテーマは「交錯」です。相手の将来を案じ、自らが 詩を書きたくなったけど書けないんだよな・・・なんか黒歴史になりそうな詩?みたいなものを書いてみました。みなさんの反応次第で消す 同性の後輩へのメッセージ(歌詞風)一歩踏み出して 残酷な世界を見ても。それでもピュアな君のままでいてね 春眠、暁を覚えず 処処啼鳥を聞く 夜来風雨の声 花落つること知る多少 全然季節違うけど、すごく好きな詩 精神的石っころ この手に いくつもの思いを この心が 消えてしまっても 手に石を 鐘の響く夜は明けた。渡りゆく影達よ。映る世界は静かに揺れている。閉じてゆく空を見上げ、手を組んだ。雨が風にのって 恋をするマーガレット そよそよと 五月に揺れながら ぼくの行き帰りに ハミング 雨の少ない今年は 時が起きはじめた。ついていけるだろうか。置いて行かれるだろうか。何もわからない。ただ一つ言えるのは 雲が浮かんでいる。空に 蒼い青いどこまでも続く 空に 真っ白な雲が浮かんでいる。雲は 風に流されながら 形を変え

「雨」カテゴリの他の小瓶

外、暴風雨。風がビュービューいってる。突風や雷や豪雨。家で、手の込んだ料理つくるのが似合う。(気がする。) 朝より夜が好きです。特に雨の日の夜が好きです。電灯に照らされた雨がキラキラして好きです。車のヘッドライトに 泊まりに来てた従姉妹が帰る時、雨降ってて「今日は1日雨みたいだから」と傘をあげた。そしたらその後従姉妹が 雨の日は。もう完全には心から楽しめない気がする 何をしても虚無が残る 心の中に大きな不安や悲しみがあって いま、雨が降っています 3月ってもう春にはいってるからか、外は生ぬるい 洗濯物をだしっぱにしていて 雨の音は好き 癒される むしろ晴れてる時は心が曇る いや、まぁ、ほとんど晴れてる日なんだけど なんかこう 雨が降って二人で一本の傘を使うことになった。乙女ならばときめいたりするんだろうけど、残念なことに私は乙女

宛メのアドバイザーいのうえちかこ(心理士・カウンセラー) 悩み相談ができる相談所を集めたサイト 小瓶に手紙を入れて流す
お知らせ
過去のお知らせ
新着小瓶
もっと見る
PickUp小瓶
新着お返事
宛メについて
宛メのこころえ(利用者さんの言葉) お返事のこころえ(利用者さんの言葉) 宛メに参加している人たち(利用者さんの言葉) 宛メとの出会い(利用者さんの言葉) 初めての方 Q&Aヘルプ 宛メ、サポーター募集! 運営委員のご紹介 運営委員ブログ 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
twitter & facebook
フォローやいいね!すると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。
悩み相談ができる相談所を集めたサイト