宛メ本 SNSを通じたサイバー犯罪に関する青少年の意識調査

今日も生き長らえてしまった私に罰を下さい。住んでいる環境や家族ルール上、外出は容易いことではないです。二文字の行為ができないんです

カテゴリ
今日も生き長らえてしまった私に罰を下さい
住んでいる環境や家族ルール上、外出は容易いことではないです。だからこそ死ぬという二文字の行為ができないんです。
大人になるまで生きてしまった罰を受け続けます。
大人にまでというのは、大人になったら家を出られるかもしれないからです。
名前のない小瓶
113707通目の宛名のないメール
小瓶を37人が拾った  保存0人  お返事1通 
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
宛メのお知らせが届きます。フォローしてください

悩み相談ができる相談所を集めたサイト
1通のお返事が届いています
1通目のお返事
どういう状況かわかりませんが、とても苦しそうですね。大人になったら家を出て自由に暮らしてくださいね。
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
宛メのお知らせが届きます。フォローしてください

宛メサポーター募集
以下はまだお返事がない小瓶です。お返事をしてあげると小瓶主さんはとてもうれしいと思います。
私、いてもいいのかな?愛されてみたいなぁ。人生、色々あって辛い。恋人がいる人はこの辛さを分かってもらえて、優しく抱きしめてもらえるのかな? 泣いたって後悔したってもう遅い。君に何が伝わるわけでもない。伝えることもできない。そんなことわかってる。だけどやっぱり、どうして君に会いたい 「女は男より性格重視」は嘘では?女性も顔しか見てないのに。なぜ一般論では「男より顔重視しない」とか嘘があるんですか?イケメン、最低でもフツメン前提じゃないと 夜に小瓶を流したようなのですが、全く記憶がありません。確かに部活の後輩が辞めたし、原因は自分です。来ない後輩たちに期待をせずに明らかに軽めの課題を与えてました あの時、君は私の方を見てたよね。気付かない振りしちゃった。暗くなって、綺麗で、正直手を繋ぐかどうかで頭がいっぱいで。息が苦しくなってました。笑 死にたがりがワクチン接種した話。新型コロナウイルスのワクチンを 今日打ちました。2回目です。一般的に1回目よりも2回目の方が副反応がでやすいらしく 好きな子の首を絞めたくて仕方ありません。いつか衝動に身を任せてやってしまいそうで怖い。その子と話すときいつも自然と目線が首の方にいってしまって 正直、半端な善人が1番辛い。不登校の私が、今日3ヶ月ぶりに学校に行った。 始業式。今日から高校2年生になった。今まで学校がずっと嫌いだった。居心地悪くて 就活やる気起きない。辛い。何もアピールすることが無い。→自信が無くなる→面接で死ぬ詰んでる。死ぬしかないのかな。 夫の4月の土曜日と日曜日。土曜日、夫のS高校の部活動の監督をするために、また、ついて来た。本当に 部活動に参加しているのだろうか?疑ってごめんなさい 夫は私との離婚を、考えているんだと思う。情があるので最後に私にしてくれる事をリストアップしてくれているんだと思う 過敏性腸症候群ガス型で就職が辛い。春から社会人ですが将来が不安です。私は過敏性腸症候群ガス型という病気を患っており、過去、この病気の症状と自分に自信が持てず なんにもできない。ご飯が食べられない。作れない。冷食があるからチンすればいいのにそれができない。動きたくない。何もしていないはずなのに疲れた もう生きていたいと思えない 30代女性です。 付き合った事があるのは男性のみですが、女性も恋愛対象になるとずっと思ってきました。というより、好きになるのは女性ばかり

宛メサポーター募集
お知らせ
過去のお知らせ
宛メサポーター募集 厚生労働省 支援情報検索サイト 宛メで音楽 宛メのアドバイザー石渡ゆきこ弁護士 宛メのアドバイザーいのうえちかこ(心理士・カウンセラー) プロフィールアイコン募集 悩み相談ができる相談所を集めたサイト 小瓶に手紙を入れて流す
新着小瓶
もっと見る
PickUp小瓶
新着お返事
宛メについて
宛メのこころえ(利用者さんの言葉) お返事のこころえ(利用者さんの言葉) 宛メに参加している人たち(利用者さんの言葉) 宛メとの出会い(利用者さんの言葉) 初めての方 Q&Aヘルプ 宛メ、サポーター募集! 運営委員のご紹介 運営委員ブログ 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
twitter & facebook & instagram
フォローやいいね!すると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。
Follow Me