私は成人になってから、イマジナリーコンパニオンという存在を知りました。私の中には、「私の一部だけど私とは違う存在

カテゴリ
私は成人になってから、
イマジナリーコンパニオンという存在を知りました。

私の中には、「私の一部だけど私とは違う存在」がいます。

多分、ですが私の中に「彼」が現れた理由は私の家庭にあるんだと思います

私の生まれて育った家は普通の家ではありませんでした。
母は精神の病気で人の悪口を言ったり物を投げたり、一緒に暮らしていた叔父は無口で怒らせると怖い人でした。
もう1人、祖母がいましたが病気を患っていて目が見えなくなり、ほぼ寝たきりでした。私をとても可愛がり、期待をしてくれました。

家は古く荒れていて、当然人並の暮らしはできません。
小学校に上がり暫くすると私はいじめにあいました、服が変だ、お風呂に入っているのか、あの家に住んでいるなんて汚い、そんな感じでしょうか…
トイレに行っても水を飲んでも指を刺されます。私はどちらもできなくなりました。

学校に居場所はなく、行きたくないのですが家では一日中母がブツブツと独り言を漏らし、急に怒り狂うのです。それを止めようとしたり、
もしくは何もしていなくても手を上げられて祖母が泣くのです。やめてくれと喚くのです。
学校を休んだ日はその声を聞かないフリをして布団を被って泣いていました。

しかしそれも連続すると母は学校へ行け、と言い出すようになります
私も家にいるのはしんどかったです、でも学校だって居場所がなくてしんどいのです。学校に行ったふりをして家の裏の排水路に隠れて過ごした事もありました。

家族に何か言われた訳ではありません、叔父は私を助けてはくれませんでしたがお小遣いには多すぎるような現金を渡してくれました、
母は平常であれば私を溺愛していたように思います。
祖母や親類は私に「○○ちゃんだけが頼りだ」とよく言ってくれました。
だからか、その環境がしんどくて辛いけれど、虐待やネグレクトされていたか?と言われるとそうではない気がして、
「こんなことで傷ついた、トラウマになった、つらい、苦しいと言っていたら駄目なのではないか?」
と思っていたのです。

それでも日常に戻れば奇声や怒声に耳を塞いで、家族全ての顔色を伺い、ふざけて笑ったフリをしなくてはいけません。いい子でいなくてはなりません。家の外に出て知り合いに会いでもすれば指をさして悪口を言われるのに

そんな中で私の中にいつの間にか「生きていた」のが「彼」なのです。

男性だという以外はとてもぼんやりとした「彼」を私は「先輩」と呼んでいます。(自分でもなぜその呼び方なのかは謎なんですが、中学生にも行かずにいたので「先輩」と呼ぶ機会もありませんでしたし、優しい先輩というものに憧れがあったのかもしれません)

私が泣いていると慰めてくれるような存在でした。姿がはっきり見える訳ではないのですが、大丈夫だよ、と言ってくれるのです。
誰にも何も言えずにいた私にとって、先輩は絶対的な救いでした。

それから私は施設に預けられました
自分の家が普通ではない、と客観視できたのはこの辺りからでした
高校生になりいじめはなくなり(浮いてはいましたが)友達もでき、そのあいだは彼と何かを話した記憶は余りありません。むしろ薄情にも、忘れていたとも言えます

でも社会人になり、会社でセクハラのようなものを受けて昔の自分に急に戻ってしまいました。
働けなくなり、何の役にも立たない、自分は本当にダメだ
1人で泣いているとまた彼が話しかけてくれたのです。
それから数年経ちますが、未だに彼は私の中に居てくれます、むしろ私が依存しているのではないかと思って少し不安です。
でも私は人見知りをこじらせてしまい昔の事もあり自分に自信が微塵もありません。
愛される価値なんかないと思ってしまいますし、年を経て、人を信じる事ができなくなりました。信用したところで無駄だと思ってしまいます。

自分以外の人間が怖くて怖くて仕方ながないのです。お金を払わず何かをして貰うのは烏滸がましいし申し訳なく思ってしまいます。自己肯定感がまるでないのです
でも彼はそんな私の名前を呼んでくれるのです、肯定してくれるのです。

きっと人に話したら都合のいい妄想だと一蹴されてしまうと思います、自分でもそう思います。でも私とずっと一緒に居てくれたのは自分の中の彼だけなんです。
友人や恋人でもありどちらでもないような、説明できないのですが私であって私でない私の理解者なのです。

私は相変わらず数少ない友達にも本当につらいことは相談できません。人の顔色を伺い取り繕って自分を抑える癖は抜けません。
数年前に患った大きい病気を機に家族とは連絡をとっていません。
一人ぼっちですが、私は母が病気だったからと全てを許す事がまだできません、許せない私が悪いのだ、と言われた事もありましたがやっぱり今すぐには無理なのです。
天涯孤独になって、私を追い詰める職場からも逃げ出してみたら毎晩毎晩自分の存在価値、必要とされているのか、と泣いていたのが嘘のように楽になりました。

泣くことはなくなりましたが、たまに自分がからっぽのような気がして苦しくなる時があります。
でも私が自問自答をする度に彼が大丈夫だよ、○○には僕がいるよ、と言ってくれるので大分楽になります。

触れるわけでもはっきり可視できるわけでもないので、イマジナリーコンパニオンと定義できるのかは分かりませんが、私の中には確実に彼が生きているのです

自分の自信のなさや対人恐怖はなんとかしなくてはな、と思ってはいますが彼に関してはどうこうしようとは思っていません
(彼の慰め励ましで崩壊せずに精神を保っていられている、というだけで、問題の改善はやはり自分で頑張るしかないなあ とは思います)
現実世界で 人に言うこともないでしょう。
じゃあなぜこれを小瓶に流したかと言えば、やっぱり誰かに相談したかったのでしょうか。
こうして字に起こすだけでも、少しだけ胸がかるくなりました。

もしこんな長くて読みにくい文を読んでくれた方がいるのなら、ありがとう
名前のない小瓶
61196通目の宛名のないメール
小瓶を133人が拾った  お返事5通 
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。

悩み相談ができる相談所を集めたサイト
5通のお返事が届いています
5通目のお返事
私もなんとなく分かります。
私の場合、自分が小さくなった自分を
両手の平で包んでヨシヨシと慰める、そんな感覚で、辛い気持ちを解消してきました。
私も、あなたは時々大丈夫だよー
こんないいところがかあるから。とか励ましてくれます。
Bodhisattva
4通目のお返事
イマジナリーコンパニオンのことに関して知識はありませんが、あなたにその存在があってよかったと思いました。自己肯定感がまるでないとおっしゃったけれども、彼の存在こそ、自己肯定の発芽ではないかという気がしました。自分自身を大切にしていく練習をさせてくれる貴重な存在ではないでしょうか。筆者さんが現実でありのままの自分を受け入れてくれる人を見つけたり自分自身がそうなっていったときには、その彼は静かに筆者さんの元を去っていく気がしてなりません。

3通目のお返事
わたしには「先輩」の存在がどのようなことなのかはわからないのですが、大変な境遇で育った主さんがとても落ち着いてご自分のことを見ておられるのが、すごいと感じています。

職場の人間関係は入ってみないとわからないところがあって、それは辛いのですが、そこをきちんと辞められたということも本当は自信になさっていいのでは?と思っています。

自信がないから、対人関係が怖いから一歩踏み出すのが辛いというお気持ちはよく分かります。
でも慌てなくてもいいと思うし、ゆっくりとご自分を回復なさって欲しいと思い、お返事流します。

2通目のお返事
あなたの中に、あなただけの「彼」がいる事、妄想だなんて全く思いません。
あなたの仰っている事、すんなりわかります。

子供の頃から私にもいるからです。
私も、普通じゃない環境で育ったので。

自分と同じ人と言葉を交わせるなんて、今まで思ってもいませんでした。

小瓶流してくれて、どうもありがとう。

1通目のお返事
こちらこそ、吐き出してくれて
ありがとう。
ずっとずっと長い間、
苦しい思いをしてきたのですね。
よく、今日まで耐えてきましたね。
あなたはとても強くて優しい
素敵な方です。

いつか、あなたの中の彼のような人が
現実の人間となって
あなたの前に現れる日を願っています。
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
悩み相談ができる相談所を集めたサイト
お返事をしてあげてほしい小瓶たち
背中を押してほしいです。パワハラセクハラをうけ我慢し続けた結果朝起き上がれなくなって退職しました。それから現在まで一年半ひきこもりです それと同時にどうしようもない不安と恐怖が押し寄せてきます。 これらは決して他人事ではないのだと 本当に好きな人。それは手の届かない存在。いつもみてただけ。話しかけることなんてできなかった。吊り合わないこと 彼女の気持ちも自分の気持ちすらわからなくなってたけど、会ってお喋りしたら楽しく過ごせた 人間、苦痛を尊いものだと思いがちな気がする。逆に満足を感じることは一時的な場合だけ許されて、ずっと満足を感じることは難しい 頭では好きなのに。付き合ってまだ1ヶ月の彼氏がいます。好きだと思って付き合ったけれども、今、すごく冷たくあたってしまいます 転職に失敗しました。今日初出勤でした。気合いを入れて頑張って行ったのに思っていた職場とかけ離れすぎていて、正直辞めたいと思ってしまいました ここに来るのは5年ぶりです。何もかも順調に進んでいたはずだった。なにもかもうまくいかないなんてこと、あるんですね そんな時期もあるって 昔好きだった人は女の子、今好きな人は僕と同じ男の人。ただの自分語りです。その人とは小学生からの付き合いで高校の時は連絡なんか一度も 【白いレインコートの歌】しくしく雨だよ 困った僕 君が泣いているからかも おひさしぶりだね 雨女さん 手を取り 空色屋根 そこのけ そこのけ 口だけ番長 くちをひらけば のべつまくなく つらつらつらつら なんでも言える 脳のスイッチ オフだから こころは 時間。ああ、コーヒーの香りだ。焼けるトーストの香りにバターの溶ける香り。ああ、目をさまそう。今日という1日をはじめよう。日々に わたしと彼氏は同じ職場で働いています。最初は憧れの先輩でしたがご飯や映画に誘われるようになり、真冬に飲み会のあと深夜まで二人で道で話し 私の上司の元上司に何を話してるか知らないけど(愚痴)それって私に言ってるの!?って事を雑談の中で言ってた Sさんへ私にとって初めての彼氏だった先輩。寡黙なところ、優しいところ。ちょっとお茶目なところと、真面目なところ

宛メのアドバイザー石渡ゆきこ弁護士 宛メのアドバイザーいのうえちかこ(心理士・カウンセラー) 悩み相談ができる相談所を集めたサイト 小瓶に手紙を入れて流す
お知らせ
過去のお知らせ
新着小瓶
もっと見る
PickUp小瓶
新着お返事
宛メについて
宛メのこころえ(利用者さんの言葉) お返事のこころえ(利用者さんの言葉) 宛メに参加している人たち(利用者さんの言葉) 宛メとの出会い(利用者さんの言葉) 初めての方 Q&Aヘルプ 宛メ、サポーター募集! 運営委員のご紹介 運営委員ブログ 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
twitter & facebook
フォローやいいね!すると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。
悩み相談ができる相談所を集めたサイト