宛メのサポーター募集 宛メとは?

人間という生命体は私にとって脅威だ。基本的な構造、ぱっと見た目は私とそう変わらないのに、私の理解の範囲を超えた、明らかに私とは異なる存在

カテゴリ
基本的な構造、ぱっと見た目は私とそう変わらないのに、私の理解の範囲を超えた、明らかに私とは異なる存在。

賢さ、気高さ、美しさを持ち、
それゆえに、正しく、偉い。
生命体の頂点。

人間は先天的にそれらの要素を持っていて、
優劣、寡多、性質の現れ方のパターンに個体差はあるけれど、特別な訓練をすることなく本能レベルでまるで息をするが如く、それらをやってのけることができる。
そして、その成長過程において多彩な表現技法、状況に応じたアレンジ等を訓練によって身につけていくので、年齢が上がるにつれて、ますます洗練されたものになっていくという。


だから、ずっと憧れていた。
大好きだった。
私もそんな風になりたいな、って、
ずっとずっとその背中を追いかけていた。

「わたしもおっきくなっておとなになったら、みんなみたいなにんげんになるんだ」

だけど、ある時期から、人間はとても恐ろしい存在になった。
私が持っていないそれらの性質をフルに使って、私をおびやかしたから。
その中には当時の私とそう変わらない年齢の幼体もいた。
小さく幼くても、確かに彼ら彼女らは人間だった。
私は深手を負わされ、それから何十年経った今でも困惑、畏れが骨身に染み付いて離れない。
一方で、その「武器」を使うときに人間が見せた、所作、表情、佇まい、といったものたちの、
ぞっとするような、この世のものではないような、なんとも表現しがたい美しさもまた私の五感に強く焼き付いている。

どう頑張っても真似できない、理解できない、
一番近いようで、一番遠い
よく知ってる筈の、未知の生命体。


そして、今でも人間たちは私をおびやかし続ける。
実際に何かされることはなくても、ただそこに居るだけで、その気配だけで私を圧倒する。

一見、私に対して好意的、友好的に見える個体も、
あくまで人間であることに変わりはないから、決して油断はできない。
片方の手が優しく私の鼻先に差し出されていても、
もう片方の手は背後にあって、そこにはあの、かつて私を打ちのめした「武器」がいくつも握られている。
そして、背後に回された側の手は、あえて完全には隠されていない。
武器そのものも、それぞれを絶妙な塩梅で、
ほんの少しだけ指の隙間からのぞかせている。
私にその存在を意識させるため、忘れさせないために。
こちらがその気になれば、お前の出方次第では、いつでもお前を脅かすことができるのだ、という言外のメッセージ。


確かに武器はそこに存在している。
だけど全容は見せられてない。

いつ、どのように、どんな形で繰り出されるのか
その中からいくつ、どれが使われるのか
そもそも、それらは本当に使われるのか
本当に今見せられているものが全てなのか

全く予測がつかない。
皆目見当がつかない。

ただただ、不安や妄想ばかりが掻き立てられる。
わからない。怖い。

ああ、それ自体も目的なのか

恐怖や疑念に惑わされて判断ミスを誘う、
集中やエネルギーを無駄遣いして、使い果たしたところで一気に狩る
あるいは、自分の手は汚さず自滅していくように仕向ける

そういう効果も計算に入れているんだな。

どこまでも恐ろしく、賢く、美しい生命体
ゾクゾクする…
恐ろしいけど、興味深い。
逃げ出したい、あるいは、壊してしまいたい。
自分を守るために。
だけど、もっと観ていたい
他には何を隠し持ってる?
何をどう紐付けている?
それは最終的にどう回収される?
気になる。知りたい。
逃げ出したいけど、動けない。


そんな存在の前では、私がこれまで生きてきた時間に少しずつ拾い集めた人間らしさのパーツを必死で組み立てて造り上げたものなんて、所詮急場凌ぎにしかならない。


砂上の楼閣
藁の家


追い詰められた私はもう、狂い、暴れるしかない。
一瞬でボロボロにされた似非人間の着ぐるみの残骸を体中にぶら下げて、なりふり構わず力任せに暴れたら、もしかしたら、運が良ければ、今取り急ぎ、目前の脅威を物理的に除去できるのかな?
単純で野蛮で原始的な方法だけど。

しかし、人間は法律だとか警察だとかいう、正しい鉄壁の守りを持っているから、その力でもって呆気なく私を返り討ちにできちゃうよね。

ただ身を守りたいだけ、それだけ、それだけだったのに。
でも、私が人間によく似た外観を持ち、人間の世界に身を置いている以上は、人間の世界のルールにのっとり、人間流のやり方でそうしなければならないから、それができない私の方が悪なんだ。

勝てば官軍、負ければ賊軍

捕らわれ、閉じ込められ、人間社会の秩序に逆らえなくする為の薬を盛られ、最悪、縄で絞め殺される。

合法的に。

正式な手続きにのっとって。

粛々と。

法の名のもとに。

結局、どこまでいっても勝ち目などない。

それでも、私はそんな人間たちの世界で生きるしかないんだ。
逃げ場所なんてどこにもないんだ。

死んだってムダ。

あの世にだって人間はいる。
きっと、この世以上にたくさんいる。
人間がこの世に現れてから途方もない年数が経ってるんだから、それだけの間に死んだ人間の数を考えると…
人間以上に強大といわれている神様とやらもいる。
天国、地獄、それぞれに。
世界の数々の国の神話や宗教の分だけ。

だから、死んだら今以上に脅威に晒される
134082通目の宛名のないメール
小瓶を60人が拾った  保存0人  お返事0通 
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
宛メのお知らせが届きます。フォローしてください

やせおかダイエット 宛メのサポーター募集
小瓶主さんの他の小瓶
何となくだけどさ、「私がいなくなれば全てが上手く回り出す」そんな気がするんだよね。いや、別に自棄になって言うわけじゃなくてさ 弱ってるときに優しくしてくれる人っていい人に見えるよね。でもそれだけで判断するのはまだ早いよ? もう生きていたくない。でも自殺したいってわけじゃない。そう、死にたいっていうのとは違う。生きるための行動をする気になれないってこと
以下はまだお返事がない小瓶です。お返事をしてあげると小瓶主さんはとてもうれしいと思います。
周りが見えない人。私は今高校生です。些細なことでイラついてしまうのですが、特に帰りのSHRのときのことです 愉快な愉快な、今日の日記。今日は、起きて、勉強して、アニメ見て、習い事行って、寝た 高3に進級できた…そこは素直に安心だし、嬉しい。でも…私は何を目指せばいい? 自縛少年花子くん…wwあああああああああww普くんと司くんんんんんかみいいいいいいい 異性と簡単に仲良くなれる、友達になれる子がうらやましい。私は根暗ではないと思うけど、かわいくないとだめなのかな 両親を守れる人間になるつもりだった。経済的に支えられるような人になりたかった。なのに正規職員でもなく、経済的に自立もできない 痛いけどやめられない辛さ。僕はリスカをしています。毎日しているわけでわないのですが、やらないとどうしてもつらさがとどめなく出てきてしまうんです 眠気と希死念慮が一体化していて辛い。この時間になると布団を頭までかぶって、浮かんでくる死にたい気持ちをどうにか誤魔化しながら、寝落ちるまでの数時間を過ごすしかなくなる 大学受験に自分だけが落ちました。いっしょに勉強していた友達はみんな受かっていました。ダメかもしれないと不安を共有した友達はみんな受かっていました。落ちたのは自分だけ ごめんなさい。音嫌悪症気味の人間のぼやき。どんなに素敵な人でも、苦手な音を出すだけで拒絶してしまう。 僕は、歯科検診が嫌い。ただのワガママになるんだろうけど。だってさ。歯をちゃんと磨いているのに。直ぐに虫歯が出来る 死んじゃったら。もうこの世にはいないものと話すことが出来ない。私ね、中学になってから2人と1匹ともう二度と会えなくなったんだ 死にたいです。死ぬのは怖くないです。怖いのは自殺が失敗するかもしれない事です。失敗したら今以上の苦痛の中生きなければいけないからです さみしくて涙が出る。贅沢をしたいわけではないから最低年収でも別に良いし、恋愛も一度だけ大恋愛してボロボロになったからもう望まないし 今日も生きてくれてありがとう。頑張ってるね。生きてるだけですごいんだよ。自分を責めないであげて

宛メサポーター募集
お知らせ
過去のお知らせ
宛メサポーター募集 厚生労働省 支援情報検索サイト 宛メ本 宛メで音楽 宛メのアドバイザー石渡ゆきこ弁護士 宛メのアドバイザーいのうえちかこ(心理士・カウンセラー) 悩み相談ができる相談所を集めたサイト 小瓶に手紙を入れて流す
新着小瓶
もっと見る
PickUp小瓶
新着お返事
宛メについて
宛メのこころえ(利用者さんの言葉) お返事のこころえ(利用者さんの言葉) 宛メに参加している人たち(利用者さんの言葉) 宛メとの出会い(利用者さんの言葉) 初めての方 Q&Aヘルプ 宛メ、サポーター募集! 運営委員のご紹介 運営委員ブログ 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
twitter & facebook & instagram
フォローやいいね!すると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。
Follow Me