宛メのサポーター募集 宛メ本

『君に好きな人が居るのなら、この恋は諦めよう。』「恋」の話と性別について

カテゴリ
「アリスちゃんってさ、好きな人とか居るの?」

唐突な質問だった。
アリスは少し驚いて、隣に座っているべクルックスの顔を見た。

「どうしてそんな事聞くんだ?」
「いや、何となくだよ。誰しも若ければ恋ってするものじゃない?」

べクルックスはそう言うと、窓の方を見たままロリポップを齧った。
アリスもつられて窓の外を見たが、観覧車から見える高い景色に目が眩み、思わず下を向いた。

「誰しも、っていうのはお前の勝手な妄想だろ。カルディアは無性愛者だ。」
「まあ、そうだよね。恋に興味があるか無いかなんて、個人の自由だし。」

がりがり、という飴を噛む音が聞こえる。

「でもおれは単純に君の事が気になるの。好きな人、居るの?」
「……昔は、人間に恋をしていた。」

べクルックスの視線が刺さる。
アリスはその人と目を合わせないまま、話を続けた。

「綺麗な瞳の、優しい声をした人間だった。誰からも好かれなかったオレを、好いてくれた。でもそいつには、他に好きな奴が居た。」
「諦めたの?」
「諦めが付く前に、オレは今の世界で神として生きることになった。アイツの居る世界へは簡単に降りられなくなったし、想いすら伝えずにアイツとは別れてしまった。」

思い空気が流れているのを感じた。
べクルックスはただ窓から遠くを眺めたままだった。
そのエメラルド色の瞳が、寂れた都市の夜景を映し出して、輝いていた。

「人間と神様の恋なんて、おかしいって言われるのかな。」
「少なくともカルディアが許してくれないだろうな。アイツは法律に厳しい。」
「おれとアリスちゃんも、悪魔と神様だけど?」
「オレ達はただの友人だ。一緒にするな。」

アリスは突き放すようにそう言った。
べクルックスは少し微笑んで、食べかけのロリポップをアリスの口に捩じ込んだ。

「何ッ……」
「もうすぐ地上だから、降りないと。」

べクルックスに頭を撫でられ、そのままうやむやにされる。
結局あの質問の意図は何だったのかと問う前に、観覧車の扉は開いてしまった。



***




どうも、雨の音です。

今回は初の小説投稿。
短めにしようと思いましたが結構な文字数になっちゃった。

今回の主人公はアリスとべクルックス。
アリスはとある国の主導者 兼 神様で、べクルックスは死を司る悪魔です。
2人とも性別に規定はありません。
時々出てきたカルディアは、アリスの居る国の本来の王様。この人も性別に規定はありません。

どちらもうちのこです。また出てくると思います。



今回のテーマは「恋」でした。

恋をするのに規定なんて無いと思います。

性別にだって制限を持たせなくていい。

自分が「こうなりたい!」「これが好き!」というものを、何で世間に邪魔されなくちゃいけないんでしょうか?

私は、自分の性自認も、自分が誰を愛するのかも、よく分かっていません。

大事な書類に自分の身体的性別を書く時、抵抗があります。
恋愛の話になると必ず異性について話し出す同級生に、少し嫌悪感があります。
かと言って、どっちが恋愛対象なのかと聞かれたら、「どっちもだしどっちでもない」みたいな回答しか出来ません。

今私は、「私」という性別を名乗って生きています。
リアルではまだ怖くて誰にも言えていませんが、ネットでは「私」として生きています。
その方がずっと心地いい。

性別は2つだけでも3つだけでもない。性格みたいに、色々な性別があっていいと思うんです。

そんな意味も込めて、「恋」の話を書きました。

私の作品では、性別の概念が薄弱になった世界を描いています。
同性愛も異性愛も、無性別も両性も、トランスジェンダーも当たり前として受け入れられる世界。

性別という境目で悩む人々が減りますように。
性別という壁に当たって苦しむ人々が減りますように。

そんな意味を込めて。


長くなってしまった上に上手いこと伝えられませんでしたが、今回はここら辺でおさらばしたいと思います。

誰かの痛みに寄り添えたなら、蛇は幸せです。
133283通目の宛名のないメール
小瓶を28人が拾った  保存0人  お返事0通 
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
宛メのお知らせが届きます。フォローしてください

雨の音さんの他の小瓶
私は気分の浮き沈みが激しいタイプの蛇です。ちょっとした事ですぐ気分が落ち込みますし、ちょっとした事ですぐ気分が上がります 初めまして。つい数分前にこの場所に辿り着いたばかりの蛇の紹介。人と話すことが苦手で、口下手です。文字を書くことなら少しは得意なので、こうしてネットの波に漂って
以下はまだお返事がない小瓶です。お返事をしてあげると小瓶主さんはとてもうれしいと思います。
私今日何ができた ? 笑 今日 、 朝の情報番組で私の星座の運勢が1位だった。なんかいいことあるかな ~ って感じで学校行った 思ったこと適当に書いただけなんで文おかしいです。あーもう。気づいてよ。疲れたよ。いや、私のわがままだけどね?疲れたんだよ。来ないでよ。こっちにくんな。怖いんだよ 観覧注意!悠飛は、怒ってるし…。何より内容がやばいからね!でも、藍くんは見てほしいって言ってるけど……。皆さんに任せるね(by凛華) 人を信じるのが怖いです。友達が信じれないです。何度も何度も繰り返された、裏切り、見捨て、嫌われ 等 フォロワー様、大好きです!いつもみんなに救われて生きてます!! 高3恋の話、独り言です。もし読んで下さって、何かコメントあれば送ってくださると嬉しいです。 好きな過疎配信者さんに、いっぱい「りとくん」、「りとくん」呼んでもらって、りとになりきってた。配信者さんからすると、イメージする色はグレーで、絵が好きな男、「りと」 なんか、死にたいけど、楽に死にたい。苦しみたくないって思うのは、ワガママですか? 今日は楽しかったー。今日なんだかんだあったけど、めっちゃ楽しかった!クリスマスプレゼント(遅め)もらって、ご飯食べに行って 嫌いになって。嫌いって言ってよ大切な彼女さんがいるんでしょ?パートナーで、1番の理解者で、付き合いの長い1番の親友、幼馴染なんでしょう? 母親にちょっとムカつくこと言われたw ううん、ちょっとどころじゃない。人として軽蔑するようなことを言われた すぐに病んでしまうのが嫌。私には推しが数人いるのですが、そのことで頻繁に病んでしまいます こどもと一緒に楽しく過ごしたいな。去年の2月に夫からのDVのストレスで、こどもに手をあげてしまいました 学生時代の闇なんかすべて忘れて、生きたいと思える自分を愛したい。幸せなんかわからなくても、その時自分が決めた道を信じて歩みたい。 謝れない性格。私は謝れない。謝るのが怖い。謝ったら、私は私自身が無くなる気がしてた。謝っても馬鹿じゃないのって言われた過去もあった

宛メサポーター募集
お知らせ
過去のお知らせ
宛メサポーター募集 厚生労働省 支援情報検索サイト 宛メで音楽 宛メのアドバイザー石渡ゆきこ弁護士 宛メのアドバイザーいのうえちかこ(心理士・カウンセラー) 悩み相談ができる相談所を集めたサイト 小瓶に手紙を入れて流す
新着小瓶
もっと見る
PickUp小瓶
新着お返事
宛メについて
宛メのこころえ(利用者さんの言葉) お返事のこころえ(利用者さんの言葉) 宛メに参加している人たち(利用者さんの言葉) 宛メとの出会い(利用者さんの言葉) 初めての方 Q&Aヘルプ 宛メ、サポーター募集! 運営委員のご紹介 運営委員ブログ 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
twitter & facebook & instagram
フォローやいいね!すると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。
Follow Me