宛メ本 SNSを通じたサイバー犯罪に関する青少年の意識調査

物語の結末をわざと書かずに、読者それぞれの想像にまかせる小説

カテゴリ
物語の結末をわざと書かずに、読者それぞれの想像にまかせる小説、ミドルストーリーをひとつ


F・R・ストックトン
『女か虎か?』
昔々、ある国に野蛮な王様がいた。王様は壮大な円型闘技場を作った。命令に違反した容疑者はそこへひきだされる。闘技場の一方の端には、二つのドアがあり、容疑者はそのどちらかの扉を開けなければならない。一方の扉の奥には、その国でもっとも狂暴なトラが潜んでおり、一方の扉の奥にはその国で最も美しい娘が隠れている。
虎の扉を開けた容疑者は、たちまちズタズタに引き裂かれ骨になってしまう。美女の扉を開けたものは、その瞬間に許されて彼女を花嫁に迎えることになる。
----それが王様のユニークな裁判のやり方だった。
王様には目に入れても痛くないほど溺愛している一人娘がいた。彼女は身分の卑しい若者と恋に落ち、二人は王様の目を盗んで密会を重ねていたが、とうとうバレてしまい、若者は闘技場にひきだされることになった。
そして、裁判の当日----闘技場は超満員となった。
観客はもちろん誰一人として、どちらの扉の奥に虎が潜んでいるのか知らされていない。
しかし、王女はそれを知っていた。彼女は半狂乱になって、その秘密を手に入れたのである。王女は恐ろしい虎と美しい娘の両方を前もって見ることが出来た。あの残忍そうな飢えた虎が、愛する若者を頭から噛み砕く光景を想像すると王女は失神しそうになる。
しかし一方、あの自分よりはるかに美しい娘が若者と一緒になることを想像すると嫉妬で気が狂いそうになる。血の激しさを父親から受け継いだ王女は、手に入れた秘密を若者に教えてやるべきかどうか、迷いに迷った。そして、ついに決断した。
闘技場に引きずり出された若者が、燃えるような目を自分に向けたとき、王女は密かな手の動きでその秘密を若者に伝えたのだった。
王女が若者に教えたのははたして美しい娘の隠れている扉だったのだろうか。
それとも、凶暴な虎の潜んでいる扉だったのだろうか。


最も有名なミドルストーリーなので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが
ここで、宛てメの皆さんはどのような結末を考えますか?
名前のない小瓶
3746通目の宛名のないメール
小瓶を473人が拾った  保存1人  お返事8通 
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
宛メのお知らせが届きます。フォローしてください

宛メサポーター募集
8通のお返事が届いています
8通目のお返事
若者は闘技場でさえも王の命令に背き、決して扉を開けようとせず、娘への愛を叫び続けた。王女が合図しているのでさえ気に留めていなかった。どよめきなども気に留めず、ただただ愛を叫び続ける若者。それに促され
、娘まで叫び出してしまう。もう合図どころでなく、観客にも皆どちらの部屋か分かってしまう。開けろ開けろと姫の方を皆で勧めるが、聞かない若者は一向にドアを開けようとしない。とうとう日付が変わってしまい、真っ暗闇で皆闘技場内で寝始めてしまっていた。皆が寝る中王も姫も若者もずっと寝ずにその後4日間過ごしたが、4日目の夜、とうとう皆寝てしまった。その頃は観客ももう飽きて全然いなくなってしまっていた。5日目の朝なのか夢の中か分からないが、何故か扉がもう一つ増えてしまっていた。娘から見たドアも、王から見たところもなぜかドアが増えている。若者から見ても増えていた。後に少ない観客の話では皆その日のうちに死んだという。
7通目のお返事
愛する人が虎に惨たらしく殺されるのは嫌。けれど自分以外の女と一緒になるのも嫌。
王女が考えた末教えたのは女性のいる扉、その扉を開けた男はその後女性との結婚式を迎え、教会の扉を開けた男。その先には凶器を持った王女の姿が...
6通目のお返事
気になるじゃん!
おらはもちろん 美女への扉派!嫉妬もありかな!
5通目のお返事
「美しい娘のいる扉」の方がハッピーエンドな感じがしますが、「虎のいる扉」の方がストーリーとしては深いかなと思います。
4通目のお返事
リドル…(゜▽゜)♪


by ろみひ~
3通目のお返事
私的には美女を希望…というかハッピーエンド希望です(^^;)
なので、王女は王ゆずりの気性ゆえに虎の門を教えます。けれど偶然(天然ボケ・サインを見逃した)か計算(付き合っていたため王女の性格を熟知していた)かはわかりませんが、美女の門を開けることに成功。
嫉妬で怒り狂った王女の様を見て王も観念し、王女と結婚…なんてことになったらいいですね。
2通目のお返事
美女の方ではないでしょうか。
花嫁に迎える事ができる
というだけで迎えないことも可能であり、更に罪を許される扉。
男を信じていたならばきっと…

あーでも違うかなあw
1通目のお返事
私の結末は

若者は、自分の命を助けるために王女は美女の扉の方を指し示すと思った
けれど若者は別の女性と結婚するぐらいなら死んだほうがましだ、と思い王女が指し示した扉ではなく別の扉を開けた
若者はその扉の中には虎がいるものだと思って身構えたが、扉の先は美女が待っていた
若者はそこで王女が自分を虎のいる扉へ誘導しようとしていたことを知る
その瞬間100年の恋も冷めてしまう
そして若者は美女と結ばれ、幸せな家庭を作りましたとさ…
というのはいかがでしょう;;^^
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
宛メのお知らせが届きます。フォローしてください

悩み相談ができる相談所を集めたサイト
以下はまだお返事がない小瓶です。お返事をしてあげると小瓶主さんはとてもうれしいと思います。
早く死ぬことを叶えたい 最悪の大晦日。考えの古い老害。親は尊敬するもの?何もしなくても尊敬されると思ったら間違いなんだよ。最悪だよ。だから来たくなかったんだ 私の好きな人はFです。私が小学五年生の時に初めてクラス替えで隣の席になりました。最初はすごく元気だし私とは不釣り合いな存在でした 大好きな歳下同性の君への想いが日々強くなっている...。同じ会社で働く君は俺の事を尊敬してくれて、いつも笑顔で話しかけてきてくれ、気遣いもできて 私、実は元ツイ廃なんですよね。一日に百何十とツイートするくらいのツイ廃でした。病み垢やってたんですけどフォロワーもなかなか多くいたような覚えがあります 青い空に白い雲が流れる。冷たい空気を肌に感じて、私は今日も生きているんだなぁ。なんて思う。時に、木漏れ日のような、陽だまりのような…そんな小瓶を流してみたいと 昨日友達と遊んできました!そのときに、友達と好きな人のラインのスクショを見たんですけど友達がめっちゃきわどいことを言っててびっくりしました。(笑) 自分は存在も全てもあってはならない。二極的であるならば完全な悪だ ずっと一緒にそばにいられたらどんなに幸せだろ。どうということもない会話をして笑ったり泣いたり同じものを見て気持ちを共有して話して話して話して聴いて聴いて聴いて どうやったら誰かに必要とされる人間になれるのだろう。私は要らない子で、逆に私が必要とする人物像に近づけるように頑張ってもダメで 自分に自信がない。幸せになれる気がしない。誰も好きになれない。生きていくことが辛い。こんな自分が嫌い。今は幸せだ。貧乏じゃないし、見た目も悪くはない 旦那信用出来ない。信用しはじめると裏切られるし、運が悪いにも程があるほど運が悪いから離れたいけど経済的にも精神的にも頼りにしてるところもあるし ゼミで3人のグループを組み、研究を行っている。しかし途中からグループでやっていることがよく理解できなくなった。リモートでのグループワークも話すタイミングが掴めず 最近先生と話せません。話はするんですが、すぐ別のところに行ってしまいます( ;∀;) 別のところというのは私と同じ2年のまた別のグループのところです また精神科に行きました。6月に通い始めて9月を最後にやめていました。私は精神科に行かずに自分で何とかするべきだと思うようになったからです

宛メサポーター募集
お知らせ
過去のお知らせ
宛メサポーター募集 厚生労働省 支援情報検索サイト 宛メで音楽 宛メのアドバイザー石渡ゆきこ弁護士 宛メのアドバイザーいのうえちかこ(心理士・カウンセラー) プロフィールアイコン募集 悩み相談ができる相談所を集めたサイト 小瓶に手紙を入れて流す
新着小瓶
もっと見る
PickUp小瓶
新着お返事
宛メについて
宛メのこころえ(利用者さんの言葉) お返事のこころえ(利用者さんの言葉) 宛メに参加している人たち(利用者さんの言葉) 宛メとの出会い(利用者さんの言葉) 初めての方 Q&Aヘルプ 宛メ、サポーター募集! 運営委員のご紹介 運営委員ブログ 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
twitter & facebook & instagram
フォローやいいね!すると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。
Follow Me