宛メ本 SNSを通じたサイバー犯罪に関する青少年の意識調査

死にたいって、どういうことから、そう思うようになってきたのだろう?死にたいより、消えたい。自分は恵まれているはずなのに

カテゴリ
私は死ぬことに対して否定も肯定もしません。
どちらかと言えば、肯定派かもしれませんが。

ただ、若年層が死にたいと思わなくなる世の中にしたいと思っています。

死にたいと思う人が一定数いるのは、必然的だからです。
日本は、自由のようで自由が全くないからです。

戦後、戦勝国であるアメリカのGHQが日本の基礎を作り変えました。
識字率が高く、勤勉かつ集団行動が得意な日本人は良い労働力でした。
そこに学校教育で「正解しか許さない教育」をしていきました。
考える力を奪う「正しく処理する人間製造工場」です。
高度成長期まではそのやり方でも問題ありませんでした。

作業工程では、今のAIのような「正しく処理する人材」が
必要だったからです。
海外から原料が届き、加工して輸出する。
安い人件費で高品質の物を大量生産する。
世界からの需要があり、経済的に豊かになっていきました。

現在までの細かい部分は割愛します。
現在ではどうでしょうか?
日本人の人件費は高くなり、物作りが成り立つのは
付加価値の高い一品ものがほとんどです。
製造は機械やAIに任せて、設計や計画、営業といった
「正解のない」仕事をしないと食べていけません。

しかし、日本の教育は正解を与える
「正しく処理する人間製造工場」のままなのです。

ここに真の目的があります。
考える力を育てたくないのです。
考える力が身についてしまうと、今の世の中に疑問を
もってしまうからです。
そうなると操れません。

就活もしなくなり、自営業を始めます。
独り暮らしを辞め、家族との仲を再構築しようとします。
不審者がいなくなるように近所づきあいをします。
家族や親類との仲が良くなれば、子供も預かって
もらえたり、親の老後の助けもみんなで出来ます。
親世代、祖父母世代が子供と関わる機会が増え、
自らが動くことで認知症のリスクが減ります。

家賃の支出が減り、過度な介護費や育児への負担が
減ります。
夫婦間での争いも減り、落ち着いた子供が増えるでしょう。

こういった考えを人に話すと「無理だ。」「出来ない。」
と怒りを込めて言われます。
それは自分がやってこなかったことを責められているように感じるからです。
いかに無理だったかを力説する人もいるかもしれません。

「TEDx 植松努」で検索して見れる動画をオススメします。
負の考えが世の中に蔓延していることが理解出来ます。

もし、自分に自信がない場合はお金が自信を与えてくれるかもしれません。
ユダヤの教えで
「お金は道具だ。道具に支配される者はいない。だから、道具は出来るだけ多く持っている方がいい。」
とあります。
お金に支配されないために、お金のかからない生活を考えるか、お金を多く獲得する方法を考える必要があります。
ユダヤの教えは、多く獲得することを考えよということです。

「金持ち父さん貧乏父さん」という本で、お金について学べます。

お金の知識がないと、お金を与えてくれる人や生活を握っている人の言いなりになるしかないからです。

世の中を知り、自由になれる可能性が感じられれば、
「死にたい」より「勿体ない」になってきます。

人は可能性の塊です。
1人に1つ与えられた脳で考えられることが唯一
何の代償もなく出来る自由です。
その考えから、物理的な自由を勝ち取っていくのです。

未来ある貴方に道が拓けますように。
失礼します。
78443通目の宛名のないメール
小瓶を196人が拾った  保存0人  お返事0通 
この小瓶にお返事をする
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
お返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
宛メのお知らせが届きます。フォローしてください

宛メサポーター募集
クロさんの他の小瓶
あなたは「○○してはいけない」「○○しないといけない」「普通○○するだろ」のような言葉で行動させられてきませんでしたか?これはあなたを縛りつける言葉ですね 子を生贄として育てている。素晴らしい優しい世界。優しいが世界を巣くっている。優しい子に育てと願う。いつも朗らかに、誰に対しても柔らかく
以下はまだお返事がない小瓶です。お返事をしてあげると小瓶主さんはとてもうれしいと思います。
僕のクラスにはRといううざいやつがいます。そいつは宿題も出さない、提出物は忘れる、なのに変な知識だけ持っていて、Rが大人になったらなにをしているというのを 高い建物から飛び降りたり、ドアノブにコードを掛けて首を吊ったり、彫刻刀を腕に刺したり、といった具体的な自殺方法を何度も頭の中でシミュレーションして 外に出たい。外に出たい。ただそれだけ。高校三年生まで親の言いなりのまま生きてきた。どんなに変えようとしても、わずかにも私の意思は尊重されなかった 最近30歳になりました。ずっと、30歳になるまで生きている自分は想像できない20代をすごしていました。自分が生きていなければいけない理由がわからなくて 3月元彼から1年3ヶ月振りに連絡。4月元彼に陥れられてアホと。。。6月新しい友達ができる。8月新しい友達に、陥れられてグループ外される 今日は成人の日。テレビで見た振袖の姿。とっても眩しかった。羨ましい。生まれて育ってのお祝い、成人のお祝い。見かけが綺麗なのは勿論だけど、特別な衣 私の好きな人はFです。私が小学五年生の時に初めてクラス替えで隣の席になりました。最初はすごく元気だし私とは不釣り合いな存在でした その時は頑張ろうと必死になって、不安にもなったのに、いざやってみると上手くいかなかった。自分の期待していたようなものじゃなかった 彼氏のことは大好きだけど、1人で好きに遊んでた頃にたまに戻りたくなるな…夜通し知らない男とお酒飲み歩いて、気づいたら知らないところで寝てたことも数え切れない 話したり仲良くなったりしてみたい人がいても、話す内容がない。思い浮かばない。それで勢いで話しかけて案の定話に詰まって後悔する。結局、業務連絡がある時じゃないと 私の中には殺意と憎悪と恨みが渦巻いてる。でも、私をそうさせたのは、全部アイツら(親や私をイジメた同級生など、酷い目に遭わせたやつら)のせいなんだよ? 「拗ねる」って「甘えたい」ということらしい。最近あのヒトの前で「拗ね」てる。「甘えたい」のかな。素直に甘えられたらいいな。 それでももう一度あなたに問いたい。私の命を救い、私の人生を変え、そして突如私を棄てたあなたに。生きることに意味って必要かな?頑張ることに理由って必要かな? 毎日仕事に追われ、やってもやっても終わりが見えない。ひとつ片付く前にはもう次の依頼が舞い込んでくる。ずっと終わらない。求められているレベルに到達していない 始業式がありました。けど秒で家に帰ることになったので友達と「これなら学校来た意味ないやん(笑)」って言ってました。隣の席の女子に推しバレしたことを言ったら

宛メサポーター募集
お知らせ
過去のお知らせ
宛メサポーター募集 厚生労働省 支援情報検索サイト 宛メで音楽 宛メのアドバイザー石渡ゆきこ弁護士 宛メのアドバイザーいのうえちかこ(心理士・カウンセラー) プロフィールアイコン募集 悩み相談ができる相談所を集めたサイト 小瓶に手紙を入れて流す
新着小瓶
もっと見る
PickUp小瓶
新着お返事
宛メについて
宛メのこころえ(利用者さんの言葉) お返事のこころえ(利用者さんの言葉) 宛メに参加している人たち(利用者さんの言葉) 宛メとの出会い(利用者さんの言葉) 初めての方 Q&Aヘルプ 宛メ、サポーター募集! 運営委員のご紹介 運営委員ブログ 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ
twitter & facebook & instagram
フォローやいいね!すると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。
Follow Me