もう一度、生まれてきて欲しい。

飼い猫(♂)が5月12日午後12時25分に、たった9歳で旅立ちました。
獣医に後1ヶ月と、診断されてから、2ヶ月。
必死に生きようと病気と闘ってくれました。
何が正しかったのか、分からないまま介護して、少し食欲があれば喜び、天気の良い日には、弟猫と日向で寝ている姿に安心していました。
9年間の思い出の中には、喜怒哀楽たくさん有ります。
私は、いつも癒して貰うばかりで、この子は幸せだったのだろうか?
今は、小さな骨壺。
でも、存在は大きい。
まだ、悲しみは癒えないけど、君の弟猫と生きていくよ。君の弟猫をちゃんと守るからね。
私の子供になってくれてアリガトウ。
最後の時に、私の側に居てくれてアリガトウ。
もう一度、君に会いたいよ。
もう一度、君を抱きしめたいよ。
だから、もう一度、生まれてきてね。
名前のない小瓶
4047通目の宛名のないメール
小瓶を243人が拾った  お返事3通 
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
ひと言でもお返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
3通のお返事が届いています
3通目のお返事
奇跡の生まれ変わりは、数少ないようですがあるようです。
ご冥福をお祈りします。
2通目のお返事
そんなに想われて
幸せな猫ちゃんですね(\\∪\\)
1通目のお返事
絶対 その猫さんは幸せだった
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
ひと言でもお返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
同じカテゴリの小瓶
小瓶に手紙を入れて流す
フォローすると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。