感傷に、浸らせて下さい


出会ったのは2年前のこの季節。桜は散ってしまい、緑の息吹きを感じる時だったのを覚えている。
茶色い髪にふわふわパーマをあてて、耳にはシルバーのピアスが3つ・・・・ジャスティンデイビスのピアスだったね。


すごくおしゃれで、ニールバレットのレザーがあんなに似合っていた人にまだ出会っていないよ。
かっこよくて優しくて・・・あなたと同棲した毎日が記念日だった。
なにもない日はDVDを見て。料理を作りあって。一緒に眠った。
よく晴れた日にはデートに出掛けたね。


出会ったあの日は雨。困っていた私に傘を貸してくれたね。
あとから聞いたら一目惚れだって。


自慢の彼氏だった。
「小栗旬には似てないのに花沢類に似てる」
と言われるあなたが大好きだった。


一緒にいたかったのに。進むべく道はいつか違っていた。
あなたに会うことはもうないし、出来ないけれど私はまだあなたが好き。


前に進めないよ
あなたが素敵過ぎて
私を置いてかっこよくならないで
もう私のものにならないなら、いっそのこと殺してしまいたい。そのぐらい好き。
名前のない小瓶
3679通目の宛名のないメール
小瓶を318人が拾った  お返事3通 
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
ひと言でもお返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
3通のお返事が届いています
3通目のお返事
こんばんは
胸が熱くなりました。こんな恋をしてみたいです。


Wolfより
2通目のお返事
泣きそー。同じく。。。。「サンセットラブスーサイド」この歌の歌詞みたいですよね。私が最近ハマっている歌ですよ。
1通目のお返事

今も昔も、本当に心から愛していたんですね…。
想いがもの凄く伝わって来ました。

ただ、その想いを憎悪に変えてしまってはダメですよ。

笑顔でいて下さいo(^-^)o

by ろみひ~
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
ひと言でもお返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
同じカテゴリの小瓶
小瓶に手紙を入れて流す
フォローすると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。