自分より年上の人を見るといつも思うのは
私はこの人の年まで生きているのかな
生きていたくないな

どうしても年をとることが滑稽に思えて
気がつけばハタチになっている自分がとてもとても醜くて、殺してしまいたくなる。
まだ若いんだから、なんて言われてもそんなの相対的な話でしかない。
あの頃はまだ5歳だったのに、10歳だったのに、15歳だったのに。
そう思って涙する。
そして、自分の過去や現在を疑う。
全部が嘘なのではないか、
本当は私なんて存在しないのではないか、
私だけではなく家族友人地球さえ存在しないのではないか。
そう思うといたたまれなくなる。
何が本当で何が嘘なのか。
それさえも確かめる術がない。
まるで映画を観ているような感覚で、ね。
私にできるのは自分を傷つけることだけ。
そうやって誰かにSOSを求めることしかできない。
言葉で伝えることがどうしても難しくて。
何かを口にしても全部嘘になる気がして。

こんなことを思っている自分に対しても
またそんなこと言って、本当のことはわかっているんでしょう?
なんていう自分もいて、ああ頭の中がごちゃごちゃだ。
なんだか嫌になっちゃうな生きることが。
名前のない小瓶
49614通目の宛名のないメール
小瓶を65人が拾った  お返事1通 
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
ひと言でもお返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
1通のお返事が届いています
1通目のお返事
私も今度の誕生日で20歳。

小瓶主の気持ち、少しわかるよ。自分はまだ、なにも変わっていないんだよね。
私も、本当の心の奥底は、小学四年生のまんまだなぁ。楽しいことが大好き!一緒に遊ぼう!って気持ち。


ごちゃごちゃしちゃうけど、自分の気持ち、見捨てずに向き合っていこう。時々、目を逸らしてもいいよ。でも嫌いにはならないでね。悩んでる時間も、迷ってる時間も、全部あなたに積み重なっていく。
年齢とか、そんなのただの秤でしかない。大人とか子供とかも。気にしないでいいよ。気持ちが落ち着いたら、また一歩を踏み出そう。
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
ひと言でもお返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
同じカテゴリの小瓶
毎日毎日歳をとってしまうのが苦しいです。成長するのが怖いです。若さを失って なんにも残らない自分 ながいです、すごく。目を覚ますと、既に強烈な 日差し。また新しい日であることに呆然とします。布団にしがみ 家のこと、この先のこと、将来のこと。もう不安だらけで考えただけで憂鬱で頭の中ぐちゃぐちゃ。人生全てを そう言えば彼に死ぬなよって泣かれたんだっけ。でももうあんまり長く生きていたくない。計画通り、2年後に死ぬ 現在大学4年生。向上心を持った人がいる所で働きたいと思って就職活動を始めましたが、最終的に地銀で働くことに やった後悔もやらなかった後悔も、嫌な後悔はずっと続くよ。後悔の少ないであろう選択肢を選ぶこと。やってよかった 久しぶりに、生きていくのが、生きてきたのが、生きているのが嫌になった。死にたくはない、死にたいって 自分の幸せの在り方を万人共通のものみたい語る人って苦手。どちらに共感するわけじゃなくても、 ひとの幸せが 心の中の言葉を流します。◎自分に甘い自分を変えたい◎人を社会をもう一度信じて生きたい◎社会(人生)に絶望した
小瓶に手紙を入れて流す
フォローすると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。