自分が通っていた高校が無くなりました。

たいした思い出もなかったけど、
県内で一番古いコンクリ建築で夏暑く冬寒い校舎とか、
いつの間にかブラックバスが泳いでいたプール、
二階建ての自転車置き場、
生徒は乗れないエレベーター、
そして横が気象台で春になると桜の海が広がった校門~校庭。

たいした思い出も無かったけど、振り返ると色々思い出すって事は、やっぱり好きな学校だったんだなぁ。

この間そばを通ったら、案内標識がなくなってて、なんだか妙に寂しくなってしまいました。

心の中に思い出は残っていても、やっぱり学校は潰さずにおいてほしいな、と思いました。
名前のない小瓶
4111通目の宛名のないメール
小瓶を252人が拾った  お返事2通 
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
ひと言でもお返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
2通のお返事が届いています
2通目のお返事
母校って、涙も笑いもいっぱい詰まった、家族よりも一緒にいる時間が長かった所ですものね。
自分の学校が…と思ったら、やっぱりとても寂しい思いがしました。
今は廃校を老人ホームとして再利用、なども聞きますけれどね。
形はなくなっても、そこで共に歩んだ人、思い出は、更に心の中で輝くと思います。元気を出してね。..
1通目のお返事
私の通っていた高校も あと何年か後にはなくなるそうです

私の生活には もうなんの関わりもないけど寂しいなぁ…
誰でも無料でお返事をすることが出来ます。
ひと言でもお返事がもらえると小瓶主さんはすごくうれしいと思います。
同じカテゴリの小瓶
小瓶に手紙を入れて流す
フォローすると宛メの情報が届きます。
緊急のお知らせなどもこちらから配信しますので、ぜひ登録をお願いします。