カテゴリ
神様が与える試練はその人が乗り越えられる物を与えるというような事を言います。
多少の事は乗り切れても死を宣告される病を与えられたら残酷ですよね!

私は死にたいと思う時が何度もありましたが、今こうして生きています。
生きていればいい事があると思ったからではなく、単に残される家族の事が気になったからです。
私が気にしてもどうなる事でもないのですが、与えられた命が尽きるまで燃焼し続けるつもりです。
私はバイク乗りなので危険だと言われますが、何に乗っていても何をしていても危険度は大差ないと思います。
自分の力だけでは回避出来ない事は多々ありますから。

【生きる事】に対しての執着と諦めの分岐点、私は執着を選択しました。
これから先もへこまずあがき続けますよ!!
名前のない小瓶
小瓶を192人が拾った 3通のお返事
岸に流れついた3945通目の小瓶
この小瓶にお返事する

マイページを作らないとお返事の「削除」ができません→マイページを作る
3通のお返事が届いています。
3通目のお返事
生涯反抗期な私は、キリスト教の教えにはどうしても疑問があって。確かにそれが救いになる人には大切な教えです。

結局、分岐点で生を選ぶ人というのは、心に気に掛かる“人”がいるのですよね。
それが、親からも愛されていない。友達もいない。
そういう若い子が死を考えていると、
どうしたらその命をこの世に留めておけるのだろう…と、いつも考えあぐねてしまいます。
愛される事を知らない人が死を考えた時に、分岐点で生を選ぶ事の難しさを感じます。
36歳主婦..
2通目のお返事
生きることはつらいこともたくさんあるけど、いいことも同じくらいあるからね。
生きていることに損はない。
1通目のお返事
>生きていればいい事があると思ったからではなく、単に残される家族の事が気になったからです。

私も自殺しようと思った時、父や母が泣くだろうと思ってやめました。

今は仕事がアルバイトだけど、生きているし、好きなことの勉強もできる。

考えてみれば、大人なのに、幸せだと思う。

好きなことができているのだから。
みんなにお返事する 追伸

マイページを作らないとお返事の「削除」ができません→マイページを作る
同じカテゴリの小瓶
小瓶に手紙を入れて流す 初めての方 Q&Aヘルプ 宛メ、サポーター募集! 運営委員のご紹介 運営委員ブログ 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ